最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1496号
12月25日号
12月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第16弾】11月23日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

W杯日本代表の今後…得したのは柴崎、損したのは大迫・乾スポーツ 2018.07.08

W杯日本代表の今後…得したのは柴崎、損したのは大迫・乾

『写真:JMPA』

 

「やり切った感覚です。選手寿命は延びているので半年後、1年後も十分やれる自信はある。ただ、大会前に決めていた」
 W杯日本代表・長谷部誠(34)が、 日本代表からの引退を表明した。本田圭佑(32)も同様に、日本代表からの引退を明かしている。

 

 

 では、その他の選手は、今後どうするのか。
 岡崎慎司(32)も年齢を考えれば、最後のW杯となる公算が大きい。

 

「ただ本人は、代表にプライドを持っているし、まだ未練がある。そのため、できるだけ長く海外でプレーし、いつ代表に呼ばれても大丈夫なように備えたいと。もっとも、次のカタールW杯となると36歳。そこまではさすがに厳しい」(サッカーライター)

 

 一方、今大会で自信を取り戻したのが香川真司(29)だ。

 

「西野監督になって、“自分の居場所” と認識していたトップ下でプレーしただけに、復活の兆しが見えた。ドルトムントでは新シーズンに新監督を迎えることもあり、心機一転、ブンデス王者を目指すことから始まるだろう」(同前)

 

 W杯は世界最大の祭典であると同時に、選手の見本市とも呼ばれる。その意味でもっとも得したのが、司令塔として活躍した柴崎岳(26)だ。 

 

 2021年6月までスペインのヘタフェと契約しているが、価値が急騰していることから、チームは好条件のオファーが届けば、移籍を容認する構え。

 

「今年度の年俸は約1億円といわれるなか、移籍が実現すれば年俸は一気に3〜4倍が見込まれる。まだ若く、移籍金が20億円となっても不思議ではない。

 

 ほかにも高評価を得ているのが鹿島の昌子源。25歳という年齢、年俸が7000万円と格安のため、もし移籍となれば、年俸が倍以上になることは間違いない」(サッカー専門誌記者)

 

 逆に活躍しながらも損をしたのが大迫勇也(28)と乾貴士(30)だ。ともに、W杯前に移籍の契約がすんでいたため、活躍しても新年俸に反映されない。

 

「大迫は3年契約の年俸2億円、乾は3年契約の年俸2億5000万円。もしW杯後に契約していたら、年俸は倍以上になっていた」(同前)

 

 4年周期は微妙な間隔で、W杯直後に20代後半の選手を中心にチームを作ると、本番まで持たないこともある。

 

「大会後に代表から外れるのが、年齢的にいっても長谷部誠、本田、岡崎あたり。川島永嗣は35歳とベテランですが、GKは息の長いポジションなので、選ばれる可能性があります。

 

 また、今回はっきりしたのは、今後は柴崎中心のチームになっていくということ。それほど彼は、今大会で価値を上げました。また、大迫、香川、乾も残るでしょう。主将は経験値からいっても吉田麻也が有力。

 

 ただ新戦力となれば、直前の落選組を含め、これといった名前が挙がってこない。久保建英? Jリーグでも主戦場はJ3で、J1となればまだ見劣りする。短期間で入るためには、バルセロナに復帰し、急成長するしかない。ただ現状、それも難しいように感じます」(サッカージャーナリスト・岩本義弘氏)

 

 W杯が終わっても、西野ジャパンの放つ熱気が冷めることはない。

 

(週刊FLASH 2018年7月17日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月26日発売
表紙:与田祐希

詳細・購入