最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1486号
10月9日号
9月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

4月15日増刊号
3月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第14弾】9月21日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

一軍再昇格「清宮幸太郎」2軍成績ではゴジラ松井を上回るスポーツ 2018.07.12

一軍再昇格「清宮幸太郎」2軍成績ではゴジラ松井を上回る

 

 7月9日に再昇格した日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎(19)。残念ながら、球宴こと「マイナビオールスターゲーム2018」には出場できないが、7月12日に青森県弘前市でおこなわれる「フレッシュオールスターゲーム」には出場する予定だ。

 

 

 キャンプ中の故障、病気で開幕一軍こそ逃したものの、5月1日に一軍昇格を果たした清宮。そのときは「ゴジラ松井と同日一軍昇格」、5月2日に高卒新人で初打席初安打を達成したときには、「ゴジラ松井超え」と騒がれた。

 

 高校新記録の通算111本塁打という鳴り物入りでプロ球界にやってきた清宮にとって、平成屈指のスラッガー・松井秀喜(44)と比較されるのは毎度のこと。

 

 だが、7月9日時点の清宮の一軍成績は打率.176、1本塁打と少し期待外れ感が否めない。松井は高校通算本塁打が60本と清宮の半数ほどだが、ルーキーイヤーを終えたときの一軍成績は打率.223、11本塁打だった。

 

 清宮はゴジラ松井よりも、大成できないのか……。
 だが、2人の成績を二軍でのものに注目すると、少し印象が変わってくる。

 

 いまから25年前、1993年にルーキーだった松井も開幕は二軍スタート。5月1日に一軍デビューを果たしたものの、成績は振るわず7月9日に二軍降格。

 

 奇しくも清宮が青森県でフレッシュオールスターに臨む7月12日と同時期の7月10日から、松井も二軍戦の東北遠征に出ていた。

 

 1993年の「フレッシュオールスター」は7月19日に開催。そこまでの松井氏の二軍成績は打率.279、6本塁打。一方、清宮は7月9日時点で打率は.226ながら、本塁打は15本。なんと大幅に松井を上回っている。ここは、二軍戦で大活躍中の清宮に後半戦への期待を膨らませたいところ。

 

 だが、こんな見方をする人も。

 

「二軍でここまで打って一軍でパッとしないのは、かつて慶大から鳴り物入りで巨人に入団したが大成せず、『二軍の帝王』と言われた大森剛選手を彷彿させます。

 

 清宮は二軍に降格された最初の試合から2本塁打を放った。ですが、松井の場合は一軍で苦戦しているときは二軍でも苦戦していて、二軍降格後の初戦は2三振。調子の波は上でも下でも一緒だった」(スポーツ紙記者)

 

 フロックか大器か――それだけで周囲が放っておかないのはスターの証拠だ。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年盛夏号
8月18日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

Vol.6 9月21日発売
表紙:小倉優香

詳細・購入