最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

新日本プロレス「入場テーマこそ華」と実況アナが力説スポーツ 投稿日:2018.10.15 16:00

新日本プロレス「入場テーマこそ華」と実況アナが力説

 

 新日本プロレスの勢いが止まらない。低迷期といわれた10年前からV字回復を果たし、2018年は同社最高売り上げを20年ぶりに更新する見込みだ。

 

 会場には “プ女子” と呼ばれる女性ファンも詰めかけ、チケットは入手困難。リングでは新たなプロレスムーブメントが起きている。熱狂の要因とは?

 

 

「新日の入場テーマの大きな特徴のひとつは、選手がドームの長い花道を歩くことを想定してつくられている点。これは、ドーム興行が多い新日ならではでしょう」

 

 そう語るのは、現在、『FIGHTING TV サムライ』(スカパー)で新日本の実況を担当する清野茂樹アナ。東京ドームを中心に大会場での興行が多い新日本は、他団体と比べて選手の入場パフォーマンスも派手だ。

 

 いまは、プロレス界に金の雨を降らせる “レインメーカー” ことオカダ・カズチカのパフォーマンスが代表的な存在。スモークとともに、入場ゲートから現われた彼が両手を広げると、会場に “レインメーカードル” が舞い散る光景は、もはやファンにはお馴染みだ。

 

「新日の選手は、曲に合わせて自分をどう見せるかを考えている人が多い。たとえば、1990年代の闘魂三銃士と全日本プロレスの四天王を比べてみると、四天王の入場って、三沢光晴も、川田利明も、ただ普通に歩いて入場してくるだけで皆、淡々としている。

 

 でも、新日は蝶野がハマーに乗って入場したり、武藤はムタになるときに曲を変えたり、衣装を変えたりと、見せ方が全然違う。このへんは、何かと見得を切る猪木と、寡黙な馬場のイズムの違いというか、社風ともいえるかも(笑)」

 

 さらに、新日本の入場テーマにはこんな傾向も。

 

「新日の選手は出世するにつれて、曲を変える傾向がある。武藤も複数回変えて、棚橋、中邑も若手時代とは違う。最近でも高橋ヒロムとか、みんな曲が変わっています。それと、新日はいまだに若手の海外武者修行という風習が残っていて、凱旋帰国を機に曲を変える。これも特徴です」

 

 前述のオカダの入場テーマも、凱旋時に変えたもの。

 

「オカダの入場テーマは、最近の新日のテーマ曲では秀逸。コインが散らばる音で始まるのもインパクトがあるし、メロディも力強い。“レインメーカー” のイメージにぴったりだし、これぞ新日本お得意の豪華な入場って感じですね」

 

きよのしげき 
45歳 兵庫県出身 1996年に広島エフエムに入社し、2005年に退社。フリーアナウンサーに転向し、2006年より『新日本プロレスワールド』でも実況を担当。著書に『1000のプロレスレコードを持つ男』(立東舎刊)など

 

(週刊FLASH 2018年10月2日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入