最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

鈴木みのる「オカダ・カズチカが新日本プロレスを成功に導いた」スポーツ 投稿日:2018.10.17 16:00

鈴木みのる「オカダ・カズチカが新日本プロレスを成功に導いた」

 

 新日本プロレスの勢いが止まらない。低迷期といわれた10年前からV字回復を果たし、2018年は同社最高売り上げを20年ぶりに更新する見込みだ。

 

 会場には “プ女子” と呼ばれる女性ファンも詰めかけ、チケットは入手困難。リングでは新たなプロレスムーブメントが起きている。その熱狂の要因とは?

 

 

 50歳となったいまも、新日本のみならず、さまざまな団体のトップ戦線で闘い続ける鈴木みのる。2011年に本格的に新日本に参戦し、ヒール軍団「鈴木軍」を結成した彼は、当時こんなふうに見ていた。 

 

「試合はおもしろい、選手は粒が揃ってきてる。そうこうしてるうちに親会社(ブシロード)も新たに出てきた。大量に資金投入して宣伝活動もやってくれる。

 

 さあ、あと何が足りない? 俺はすぐわかったね。20代のスターだよ」

 

 そんなときに現われたのが、2012年に海外武者修行から帰国し、2012年2月に史上2番めの若さ(当時24)でIWGPヘビー級王座を奪取したオカダ・カズチカだ。

 

「いまの新日本はオカダの出現がすべて。世の中は、20代のスターが出てきたところしか動かせない。これは過去が証明している。

 

 俺らがパンクラスをつくったのが25歳、UWFも20代、初代タイガーも20代、闘魂三銃士も20代、みんな20代のスターなんだよ」

 

 鈴木にとって、新日本のリングに上がる魅力とは何か。

 

「レベルの高い選手が多い。たとえば、他団体でタイトルマッチを争う、この闘いが団体の最高峰だっていう選手が2人いるとする。これ、新日本に10人以上います、っていうレベルです。

 

 あと俺にとってみたらお客さんがいっぱい入るんで、いい稼ぎ場だよね(笑)。それがいちばんです」

 

 最後に第一線で活躍し続けるための秘訣を聞いた。 

 

「守らずに攻めるってことかな。俺の同年代はみんな元気ないし、男としての生存競争から、みんな脱落してる。勝手に脱落すればいい。いまもこれからも負けないよ、俺は」

 

すずきみのる 
1968年6月17日生まれ 神奈川県出身 178センチ102キロ 横浜高校ではレスリング部に所属し、1988年に新日本でデビュー。1993年に船木誠勝らとパンクラスを立ち上げた。2006年度プロレス大賞MVPを受賞。現在は原宿に自身がデザインしているアパレルショップ「パイルドライバー」も経営

 

(週刊FLASH 2018年10月2日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入