最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1526号
9月3日号
8月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第24弾】7月26日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

3戦連続4得点!香川真司を食った「南野拓実」16歳の誓いスポーツ 2018.10.25

 

「絶対に見返してやる!」   

 

 南野拓実(23)は、ロシアW杯メンバー落選の報を聞いたとき、周囲の人間にこう宣言していたという。

 

 

 それから5カ月余り、南野は有言実行を結果で示した。森保ジャパン発足から3戦連発4得点。試合後「3戦連発は、もちろん狙っていました」と言った、強気な姿勢も彼の魅力だ。

 

 それは、幼いころから培われていた。幼稚園時から練習に参加していたゼッセル熊取FCの杉山恵三代表が振り返る。

 

「いつまでもボールを蹴っているような子供でした。幼稚園時代は、みんなに出場機会を与えていた。それである試合で『拓実、交代やぞ』と下げると、『先生、なんで交代さすん? 僕、サッカー好きやから、もっと出してや』と。

 

 たくさんの子供を見てきましたが、そういうことを口にしたのは彼だけでした」

 

 同クラブの比嘉陽一コーチも、負けず嫌いな性格を目のあたりにした。

 

「公式戦ではあまり勝てなくて悔しい思いをしていたんですが、どの試合でも負けたら泣いて帰っていきました」

 

 その後、彼はセレッソ大阪U-15に進み、各カテゴリーの日本代表にも選出された。2011年にメキシコで開催されたU-17W杯ではCF(センターフォワード)として日本をベスト8に導く活躍をした。

 

 だが、自身は満足のいく結果ではなかったようだ。帰国後、通学していた大阪・興國高校のサッカー部監督の内野智章氏に悔しい胸の内を打ち明けた。

 

「大会の感想を聞くと、『自信になる部分はあったけど、ここから先は、今みたいなCFでは成長は難しい』と言ってきたんです。

 

 世界のCFは大柄で、スピードもある。彼も日本では身体能力が高いほうですが、世界はもっとすごい。そこをしっかり分析し、『これからはCFではなく、トップ下にポジションを下げていったほうがいいと思っています』と言うわけです。

 

 また、『そこで勝負するなら、ドリブルでもっと仕掛けなければ』とも。ウルグアイ戦は、ポジションもドリブルも、あのときに言ったとおり。16歳の時点で、現在のことを思い描きはじめていたんだなあと、再確認して驚きました」

 

 日本代表の森保一監督(50)は就任以来、新旧交代を強調してきた。 

 

「それは多くのポジションで求められているが、香川真司のトップ下は後継者不在で、もっとも世代交代が難しいのではといわれてきた。だが南野の活躍で、それは杞憂に終わった」(スポーツ紙記者)

 

 南野の活躍をもっとも喜んでいるのは、森保監督なのかもしれない。

 

(週刊FLASH 2018年11月6日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入