最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

元巨人の三野勝大は接骨院経営中「将来は球団でトレーナーに」

スポーツ 投稿日:2018.11.13 16:00FLASH編集部

元巨人の三野勝大は接骨院経営中「将来は球団でトレーナーに」

 

 2018年も逸材揃いだったプロ野球ドラフト会議。東大合格より難しいといわれる世界に飛び込んだ、かつての選ばれしエリートである元・巨人の「ドラ1」三野勝大(47)を訪ねた。

 

 契約金は1億5000万円、年俸1200万円で入団。

 

 

「まあ、半分以上が税金ですから。半分は両親に渡し、残りは将来のために貯金しました」

 

 人気チームへの入団。当然プレッシャーは感じた。打ち克つには練習しかなかったという。

 

「活躍できなかったのは実力がなかったから。怪我もありましたが、選手は皆どこか痛めている。それは理由になりません」

 

 引退後は資格取得のため、専門学校に4年間通った。現在、接骨院の経営とともに、町田で「アルファ医療福祉専門学校」の講師を務めている。

 

「けっこうお金はかかったし、契約金を貯金しておいてよかった(笑)。この職業を選んだ理由は、現役時代に怪我が多かったことがあります。

 

 当時はいろんな医師やトレーナーにお世話になったし、感謝の気持ちがあった。それで選手の体をケアしたいと思ったこともひとつ。元選手にこの職種が多いのも、同じ気持ちからじゃないでしょうか

 

 将来的には球団のトレーナーをやりたい気持ちはあります。 巨人からの話? お伺いは立てているんですけどね(笑)」


みのかつひろ
1971年7月6日生まれ 香川県出身 巨人、横浜でプレー。大学時は全日本入りも入団3年は一軍登板なし。プロ7年間の通算成績は5試合0勝0敗、防御率7.50

 

(週刊FLASH 2018年11月6日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入