最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

楽天入り「由規」プロを目指すきっかけは中1の米国投球体験

スポーツ 投稿日:2018.11.15 21:48FLASH編集部

楽天入り「由規」プロを目指すきっかけは中1の米国投球体験

ドラフト会見(2007年)

 

 11月16日、楽天イーグルスが元ヤクルト・スワローズの由規(佐藤由規)投手と育成契約を結んだことを発表。背番号は「123」となった。

 

 甲子園で155キロを記録するなど、鳴り物入りでヤクルトに入団。1年目から一軍で投げ、2年目からは先発ローテーションに入るなど、将来を期待された。

 

 

 2010年当時、日本人最速161キロをマークするが、2011年に右肩の張りで離脱し、腱板を傷めていることが判明。2013年に手術を行った。懸命のリハビリを経て、2016年には1786日振りに1軍で勝利をあげる。

 

 ついに復活かと思いきや、そこからまた右肩の調子が悪くなり、リハビリと復活の繰り返し。ついに2018年10月、ヤクルトから戦力外通告された。

 

 落とされては這い上がり、また落とされるを繰り返した由規は、地元・仙台のヒーロー。そんな由規の幼少時代を、かつて本誌は両親に取材していた。

 

 母・美也さんが肺炎にかかり、強い薬を飲んだときに妊娠が発覚。出産が危ぶまれたが、無事、この世に生を受ける。
 由規は小4で野球を始めるも、当初は野球嫌いだったという。

 

「親に反抗したこともなく、上の子がやっていたので、当然野球をやると思っていたら、そのときだけ『なんでやんなきゃいけないの。イヤだイヤだ』と最初は泣きながらやっていました。小学生のころは運動会のリレーの選手に選ばれたこともないし、体つきもコロコロして運動神経がよくもなかったですね」(美也さん)

 

 中1のとき、リトルリーグで優勝し、アメリカの世界大会へ。ノーヒットノーランを達成し、準優勝に貢献するなど才能が開花した。父・均さんがこう明かす。

 

「アメリカで4万人以上の観客のなかで投げたのが大きな経験になったと思う。このとき将来プロという気持ちが出たのかもしれないね」

 

 だが、由規は中学生の頃から成長痛に悩まされ、両親のサポートのもと、地元の接骨院や体操の指導者から、筋肉や関節、体のバランスなどのアドバイスを受け、肉体改善していった。

 

「昔から鈍くさいから、治療も練習も本人が地道にコツコツやってきたんです」(父・均さん)

 

 そのかいあって、高1の秋には140キロ台後半をマーク。2年夏の県予選決勝。0対0の延長15回と翌日の再試合を1人で投げ勝ち、初の甲子園を決めた。
 そのときの様子を美也さんが振り返る。

 

「人前では絶対見せないんですが、家では泣くこともあったんです。高2の春に背番号1をもらったときに、上級生を差しおいていいのかという重圧からか泣き出したり……。主人が『そんなに自信ないなら明日、背番号を返してこい』と怒ったこともありました」

 

 2015年2月17日付のサンケイスポーツで、由規はインタビューにこう答えている。

 

「(仙台育英)高校時代の部訓だった『本気になれば世界が変わる』と『死ぬ気でやれよ。死なないから』というのが好きな言葉。周りは無理をするなと言うけど、限界まで追い込みたい」

 

 どんな状況でも諦めなかったのは、高校時代に培われた精神力、そしていつもそばで支えてくれた両親のおかげだった。

 

 仙台で再起をかける由規は、故郷に錦を飾れるのか、注目である。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入