最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1496号
12月25日号
12月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第16弾】11月23日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

体育会ゴルフ部出身の「中村扇雀」合宿でタワシ紛失し坊主にスポーツ 2018.11.21

 

「悪質タックル」「奈良判定」が流行語大賞にノミネートされるなど、体育会パワハラが世間を賑わせた2018年。しかし、ひと昔前には、体育会は「理不尽」が日常だった。

 

 今と昔は何が違うのか。理不尽な体育会出身の歌舞伎俳優・中村扇雀(57)を訪ねた。

 

 

 学生ゴルフ発祥の地といわれる慶應義塾大学。中村氏は、その体育会ゴルフ部で壮絶な体験をした。

 

「幼稚舎から慶應に通ったんですが、神宮球場の慶早戦で、体育会系の学生の学ラン姿に憧れたんです。大学に進学したとき『きつくて部をやめたら大学もやめて、歌舞伎に専念する』と、反対する父を説得して入部しました」

 

 ゴルフ部は、想像以上に厳しかった。最初の新入生トレーニングで、入部希望の30人のうち半分以上が脱落した。

 

「2時間走って筋トレ、また走るという、イジメみたいなもの。僕は、食事量を倍にして、毎日、水を2リットルから3リットル飲んでたけど、体重が10キロ減った。

 

 夏には新入生合宿があって、先輩のゴルフバッグと自分のと、2つかついでコースをまわる。先輩が打つと走ってボールを確認に行って、走って戻って自分が打つ。クラブを洗うタワシがなくなり、1年生は全員丸坊主にされました。

 

 1週間乗り切ると、晴れて部員になれるんだけど、なんの前ぶれもなく、いなくなった奴がいた。栃木の山奥から、荷物を置きっぱなしで夜逃げしていたんです」

 

 大学で始めたゴルフは、半年でハーフ39、1年で35まで向上。3年生でレギュラーになった。

 

「卒業して歌舞伎の世界に入ったけど、その年齢まで稽古していない歌舞伎役者なんていなかった。

 

 追いつくため、一晩じゅう三味線の稽古をして、気づいたら朝、ということがよくありました。それでも苦じゃなかった。体育会の4年間で、逆境に耐える準備ができたと思うんです」

 

(週刊FLASH 2018年11月13日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月26日発売
表紙:与田祐希

詳細・購入