最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1496号
12月25日号
12月11日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第16弾】11月23日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

川内優輝「コーラとカレー」で福岡マラソン1億円ゲット狙うスポーツ 2018.12.02

 

 公務員を辞めて来春プロ転向することを明言し、12月2日号砲の福岡国際マラソンに出場する川内優輝(31)が、高島平ロードレースの後、コーラ片手に、こうまくしたてた。

 

「べつに東京五輪を目指して公務員を辞めるわけじゃないんです。こんなこと言うと、非国民みたいに思われるかもしれませんが、マラソンランナーみんなが五輪を目指さないといけないかといわれたら、そうじゃない」

 

 

 川内は、2019年9月開催の東京五輪マラソン代表選考会「MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)」への出場権を得ながらも、「夏の暑さが苦手」なことを理由に欠場を口にしている。

 

 だが、福岡国際の結果次第では、日本代表復帰もありうる、と本人はいう。

 

「暑い環境下でレースに出ても、勝てる見込みがないからMGCに出るつもりはありません。2017年、代表引退を宣言したのは、2019年のドーハ世界選手権と東京五輪は猛暑のレースになるし、勝ち目はないと思ったから。

 

 ただ、ドーハのスタート時間が深夜0時に変更されました。日中は最高45度が、深夜なら25度程度ですし、これなら私でも勝負できる。今回の福岡国際は、ドーハ世界選手権の選考会を兼ねていますから、いい結果を出して選ばれたいですね」

 

 2018年10月には、大迫傑(27)が2時間5分50秒で日本記録を更新。福岡国際で、川内が自己ベスト(2時間8分14秒)を更新したとしても、大迫とはタイム上では大きな開きがあることは否めない。

 

「たしかに、自己ベストをもう5年以上更新できていませんし、これまで目標にしてきた2時間7分台で走っても、今じゃニュースにもならない(笑)。

 

 ただ大迫君の日本記録は、そんなに悲観的にはとらえていません。私は2012年にハーフマラソンを1時間2分18秒で走っていますし、それを単純に倍にすれば2時間4分台で走れる計算になります。

 

 これまでフルタイムで働きながら、ろくに体のケアもできずにやってきた。仕事を辞めて競技に専念した場合、どこまでできるか、自分自身が楽しみなんです」

 

 大迫と設楽悠太(26)は、2018年に日本記録を更新し、報奨金1億円をゲット。川内も4月のボストンマラソン優勝時に、賞金約1600万円を手にしているが、桁が違う。

 

「夢があっていいですね。一年に2人も更新すれば、日本のマラソン界もさらに活発になるでしょうし。

 

 もし私が手にしたら? アスリート基金にでもしますよ。海外のレースに出たくても行けない若手がいたら、一人100万円かかったとしても100人連れて行けますからね(笑)」

 

 ちなみに、プロ宣言した川内には、多くのスポンサー企業が接触しているという。

 

「たしかに声はかけていただいています。ただ、マラソンって、大きなレースは1社しかロゴをつけて走れないし、『東京五輪を目指すかわかりません』って言うと、だいたい話は流れます(苦笑)」

 

 最後に日本記録保持者・大迫の印象を聞くと……。

 

「記録よりもネガティブ・スプリット(前半よりも後半のペースが速いこと)がすごいと思いますね。日本記録も後半上げてのタイムで、まだ余力がありそうでしたから。

 

 挨拶くらいはしますが、大迫君はいつも一人の世界に入っているというか、話しかけにくい雰囲気を出しています。コーチなどまわりの関係者を含めて、チーム大迫でバリアを張ってるみたいな(笑)」

 

 走りは本調子ではないが、相変わらず舌好調の川内。福岡では勝利のコーラをがぶ飲みできるか。

 

(週刊FLASH 2018年12月11日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2018年秋号
10月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月26日発売
表紙:与田祐希

詳細・購入