最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1620号
10月26日号
10月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月28日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

ここが変だよ「日本の契約更改」カナダでは彼女の旅費もOKで…

スポーツ 投稿日:2018.12.21 06:00FLASH編集部

ここが変だよ「日本の契約更改」カナダでは彼女の旅費もOKで…

イタリアでプレーしていたころの前田勝宏氏

 

「日本の契約書は紙一枚。でも、アメリカのは『立つ』んだよ」というのは、日米の契約交渉の違いを表わすとき、よく言われる話だ。

 

 それだけ米球界の契約書は分厚く、細かく、付帯条件も多岐にわたる。日米両方でプレー経験のある元選手たちの目に、その違いはどう映るのか。前田勝宏氏は西武を経て、ヤンキースの3Aなどでプレーした。

 

 

「大事な契約なのに、紙一枚というのは……。契約書がそんなだから、日本での選手の立場、扱いはあまりよくなかった。西武での2軍時代は、同じ席で選手が3人同時に交渉することもありました。

 

 まあ、でもアメリカの契約書は分厚すぎて、じっくり読んだことはないですけどね……(苦笑)」

 

 日本のプロ野球を経験せずにメジャーデビューを果たしたマック鈴木氏も語る。

 

「代理人は団野村さんでしたが、団さんにとって僕が初めての選手だった。なので、交渉手段があまりわからなかったようです。

 

 もっと経験があれば、もう少しいい条件をつけられたかもしれない。たとえば、オフに大学に通う費用とか……」

 

 鈴木氏はその後、アメリカとカナダの独立リーグ、メキシカンリーグも経験した。

 

「メキシコでは契約の席につくのは自分とGMの1対1。向こうが提示した金額に対して交渉し、あとはインセンティブが多いです。

 

 何勝したとか、先発として試合を作ったかとか。ちゃんとやっておかないと、活躍してからもうちょっとくれ、というのは絶対できないので。カナダのときはコンドミニアムと車を要求しました。

 

 また当時つき合っていた彼女の旅費を払ってくれと。気前のいいオーナーで、いいよと二つ返事でした(笑)」

 

 近年、巨額契約が続出するメジャーリーグだが提示金額は意外にも渋いようで。

 

「メジャーでは、活躍し始めたくらいでは一気に何十パーセントも上がらない。その代わり一気に下がることもない。中島宏之やオリックスの金子千尋が大幅減提示になっていますが、上がるときも大幅に上がるんだから、下がっても文句を言えないはず。そういう点では、日本は曖昧ですよね」

 

 よくも悪くも日本球界の契約更改は「ご祝儀」 感覚なのだろう。

 

(週刊FLASH 2018年12月11日号)

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入