最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1533号
10月22日・29日合併号
10月8日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

2011年箱根駅伝「早稲田」を優勝に導いた男はいまJRの運転士スポーツ 2019.02.09

2011年箱根駅伝「早稲田」を優勝に導いた男はいまJRの運転士

 

 日本人で初めてオリンピックに出場した金栗四三はマラソン、三島弥彦は100メートルはじめ短距離走の選手だ。それから100年以上、「走る」ことで日本人を魅了してきた多くの人々がいた。レースという熱狂の後、選手たちは人生をどのように駆け抜けてきたのか。

 

 2011年の箱根駅伝6区、「山下り」でのデッドヒートのなか、記憶に残る走りを見せたのが、当時早稲田大学4年生だった高野寛基さん(30)だ。

 

 

「スタートから飛ばしすぎたせいで3、4キロの時点で、脚がまったく動かないような感じでした。でも、意外にも前の東洋大の選手との距離が詰まっていて、相手の背中が見えた瞬間『これならいけるかも』と気持ちが高まりました」

 

 2位でスタートしながら、首位に躍り出る快走を見せていた。だが、当日の箱根は寒さが厳しく、道路は凍結。首位争いが熾烈になった15.5キロ付近で、なんと転倒するアクシデントに見舞われた。

 

「雪国育ちで、雪道を転ぶことに慣れていたので動揺はなかったです。怪我も負わず、アドレナリンがマックス状態になりました(笑)」

 

 その後トップを奪還し、そのまま独走。早稲田大は7区以降もトップを死守し、総合優勝を果たした。

 

卒業後は、競技から離れてJR東日本に入社。地元・長野で勤務し、2017年から運転士になった。

 

「この仕事はランナーと共通する点が多いです。つね日頃から時間にめっちゃこだわりを持っていて、秒単位ぴったりで電車を走らせたときは爽快(笑)。性に合っています」

 


たかのひろき
1988年4月14日生まれ 佐久長聖高校卒業後、早稲田大学に進学。現在はJR東日本の長野支社勤務。将来の目標は働きながら、長野県内の中学校で後進の指導にあたること

 

(週刊FLASH 2019年2月12日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入