最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1555号
4月14日号
3月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

東京で明太子が買えるのは「相撲巡業のおかげ」と角界関係者スポーツ 投稿日:2019.02.14 16:00

東京で明太子が買えるのは「相撲巡業のおかげ」と角界関係者

 

 角界において「なんでも屋」であり「職人」でもある、世話人。作家・二宮敦人が、世話人たちへの取材を通じ、力士と裏方の「食文化」について綴った。

 

*

 

 食事にも資材搬入の大型トラック、その陰で世話人たちは弁当を広げる。今日のメニューはカレーライス弁当と、幕の内弁当の2種類。どちらかを選ぶということではなく、2つで1人分だ。

 

 

「力士たちはいいけど、我々には多すぎる」と笑うのは、世話人の筆頭・白法山さんだ。

 

「今でこそ食事はこういうのだけど、昔はもう1台トラックがあって。鍋、釜、七輪なんかを積んでいって、現地でちゃんこを作ってたんだ」

 

――えっ! 材料はどうするんですか?

 

 白法山さんの世話人仲間の、斎須さんが割り込む。

 

「そりゃあお前、現地調達だよ。その土地の人にどう調理するのがいいとか、教えて貰いながら。今は芸能人がテレビで宣伝すればそれが売れるけど、昔はお相撲さんがあちこち行くことで、じわじわ広がってったのよ。

 

 アンコウなんかは当時、大阪ではあんまり食べないものだったんだ。でも俺たちはおろし方とか、食べ方を習ってるから、買い求めて食べるわけ、うまいうまいって。

 

 するとね、2、3年経つと大阪でもアンコウの値段が上がっちゃうの。みんなが食べるようになる」

 

 白法山さんが頷く。

 

「明太子なんかもそう。東京では絶対売ってなかったもん。俺が明太子をお土産に買ってったらさ、家の人がパカッと開けて『コレ腐ってんじゃねえか?』って言ったからね。それが今じゃ、ずいぶん広まった」

 

――お相撲さんは、旅人でもあったわけですね

 

「うん。1回家を出たら、帰らない時は2カ月くらい帰らないから。九州行ったり、北海道行ったり。列車で駅について、宿札ってのを貰うの。

 

 それがその日泊まる場所なんだけど、どこだかわかんないからその辺の人に聞いてね。親切なおじさんが車で乗っけてってくれたり。

 

 空いた時間に観光したり。宿じゃなくて、普通の人の家にも泊まったなあ、地元の名士のような人の家に。凄いご馳走が出たな」(白法山さん)

 

取材&文・二宮敦人

 

にのみやあつと
1985年生まれ。小説作品に『最後の医者は雨上がりの空に君を願う』。初のノンフィクション作品『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』が12万部を超えるベストセラーに

 

(週刊FLASH 2019年2月5日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入