最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1530号
10月1日号
9月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第25弾】8月30日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

イチロー「51歳まで現役」発言にマリナーズ首脳陣困惑スポーツ 2019.02.27

写真・アフロ

 

『OREGON SPORTS NEWS』は、マリナーズのイチロー(45)をこう称して特集した。

 

「彼は生きる伝説である!」

 

 これまでの攻守にわたる格別なプレーの紹介とともに、大リーグにおける日本人野手の先駆者であることも加えて報じている。

 

 

 だが、賞賛は過去のプレーに限らない。メジャー19年め、日米通算28年めのキャンプを迎えるにあたり、体脂肪率を7%まで落として臨んだのである。

 

「イチローは2018年5月3日に登録を抹消され、『球団会長付特別補佐』の肩書でフロント入りした。特例で、試合前の練習参加は許されたが、試合出場のチャンスはない。普通の選手なら、とっくに心が折れて手抜きしたくなるはず。

 

 だが彼はいっさい妥協せず、若い選手のお手本でありつづけた。多くの選手が、尊敬の念を抱いて接している」(スポーツ紙記者)

 

 なぜここまで自分を律することができるのか。それは「高いモチベーションがあるから」と、担当記者は続ける。

 

「いまキャンプには招待選手として参加しているが、3月20日、21日に東京ドームでおこなわれる開幕2連戦で、スタメンの確約をもらっているから。外野のレギュラー候補として獲ったマレックス・スミスが、右肘痛で離脱したことも、拍車をかける格好になっている」

 

 しかし、日本での開幕戦後は、いかにイチローといえども苦戦必至と予想されている。

 

「シアトルに戻って、3月25、26日に予定されているオープン戦のパドレスとの試合が、事実上の引退試合になるという見方が強い。

 

 マリナーズは2019年、チームの顔であるロビンソン・カノ(二塁手)、2018年のセーブ王のエドウィン・ディアス、主砲のネルソン・クルーズなど、主力を次々と放出し、チームの若返りを図っている。本来なら大ベテランのイチローは、真っ先に放出されてもおかしくなかった。

 

 だがイチローは、将来野球殿堂入りが確実なため、チームとしてはマリナーズの選手としてユニホームを脱いでもらいたいと考えている。

 

 本音はパドレス戦を最後の花道にしたいが、当の本人は『背番号と同じ51歳まではプレーしたい』と発言。これには、首脳陣はおおいに頭を悩ませている」(現地記者)

 

 イチローもそういった運営側の雰囲気は察しているが、「安易な意見を裏切りたい」と我関せずだ。

 

 チームの顔ぶれが大きく変わっても、人気ナンバーワンの座は誰にも譲らない。連日、キャンプには多くのファンが、イチローのサインを求めて駆けつけている。「生きる伝説」が球界の常識を覆す。

 


(週刊FLASH 2019年3月12日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入