最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

イチロー、振り子打法の誕生に田尾安志のアドバイススポーツ 投稿日:2019.03.17 16:00

イチロー、振り子打法の誕生に田尾安志のアドバイス

 

 3月20日、7年ぶりにイチローが日本で開幕を迎える。45歳、プロ28年めになった彼について、「安打製造機」田尾安志氏(65)に取材した。

 

 イチロー少年は、小学校の卒業文集に「田尾選手みたいになりたい」と記した。象徴的な “ルーティン” も憧れの田尾安志氏を真似して始めている。

 

 

「初めて会ったのは、イチローのプロ2年めのキャンプでした」と田尾氏は述懐する。

 

「僕はあのころ、キャンプ取材に行くと、バッティングピッチャーをやることがあった。それで、まだ二軍で活躍しだしたころのイチロー相手にピッチャー役を買って出たんです。

 

 そのとき、『いまのスイングでは体のパワーがボールに伝わりにくい』と教えたら、神妙な感じで聞いていた。それから少したったあとには、その欠点を克服できる振り子打法になっていましたね」

 

 その後、自身のテレビ番組でもイチローと共演した。

 

「そのとき、前屈をしてもらったら、めちゃくちゃ体が硬かった。彼がよく打席に入る前に屈伸や柔軟体操をするのは、体が硬いのを意識して始めたんだと思います。

 

 ルーティンに関しても話したことがあって、僕の場合は上体の前傾を矯正したり、グリップの位置を固定するための作業だった。それを聞いて彼は、『なるほど。僕もそうかもしれませんね』と言っていました」

 

 45歳での日本凱旋には、エールを送る。

 

「僕はできる限り長くやってもらいたい。お茶でいうところの “最後の渋み” までしっかり出しきってほしい」

 

(週刊FLASH 2019年3月26日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入