最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1554号
3月31日・4月7日合併号
3月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

田口壮が語る「イチロー」休日は2人で餃子とカツ丼を…スポーツ 投稿日:2019.03.19 16:00

田口壮が語る「イチロー」休日は2人で餃子とカツ丼を…

左からイチロー、田口

 

 3月20日、7年ぶりにイチロー(45)が日本で開幕を迎えた。オリックス・ブルーウェーブに同期入団した、盟友の田口壮(49)が、「天才イチローの春」を語った。

 

「入団発表のときに初めて会ったんですが、そのときは印象がまったくないんです」

 

 

 同期とはいえ、1位と4位では当然かもしれない。ちなみに4位がイチローで、1位が田口だ。

 

「新人合同自主トレのとき、寮の近くを走る彼の姿を見て、『高卒でこんないいバネして走る選手がいるんだ』と。当初は彼の人となりよりも、走りの印象が強烈でした」

 

 そして寮生活の新人同士、必然的に距離は縮まった。

 

「休みのときは、よく僕の運転で、三宮までご飯に行っていました。だいたい餃子かカツ丼のどっちか。もしくは、両方食べるとかもありましたね」

 

 冒頭の写真は、イチローが世間に認知された1994年のオフに、三重県の海洋療養施設を訪れたときのもの。イチローに取材が殺到するなか、田口がテレビリポーターの真似をしたシーンだ。
同年、田口も外野手に転向。それからは、同じ外野を守る「リードオフマン」としてチームの黄金期を支えた。

 

「でも、2人でいるときは野球の話はしないです。あの人がこんなことをしたとか、こんなことを言ったとか、そんな話ばかり。どんな話か? それはね……言えないです。互いの名誉のためにも(笑)」

 

 2001年にメジャー移籍したイチローを追うように、田口も2002年に渡米した。

 

「メジャー挑戦についても、彼とは話したことないんですよ。アメリカにいるときも、ほとんど会えなくて。

 

 2002年にシアトルで会って、その次は2006年にセントルイス。冗談言い合ったりして、ゲラゲラ笑いながらイタリアンを食べました。彼、クールな見た目だけど、話に『オチ』をつけてくるんで、すごく楽しいですよ」

 

 49歳になった田口は、古巣オリックスのコーチを務める。

 

「彼が引退するイメージが湧かない。いつも言っているんですよ、『イチロー』という名前と年齢を伏せて野球をやったらどうですか、と。

 

 すべてを隠して平等な評価をしたら、いまでも外野の三番手には、十分入ってくると思うんです。みんなが常識を当てはめてしまう。それを破ろうと、彼は戦っているんですよね」


(週刊FLASH 2019年3月26日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入