最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

絶不調の「大坂なおみ」全米テニス協会から五輪をはじかれたスポーツ 投稿日:2019.07.04 06:00

絶不調の「大坂なおみ」全米テニス協会から五輪をはじかれた

 

「さらなる高みを目指すためにコーチを変えた。だが、その決断は失敗だったと言わざるを得ない」(テニスライター)

 

 ウィンブルドン直前に、大坂なおみ(21)が世界ランキング1位から転落した。陥落が決定した「ネイチャー・バレー・クラシック」では、ベンチではなく芝に座る奇行に加え、会見拒否で罰金を科せられた。優勝した全豪オープン以降の大会では、早期敗退が続いている。

 

 

「シャイな彼女は試合以外では目立つことが嫌い。だが、1位になったことでコート外でも注目されて、嫌気がさしている。しかも新任のジェンキンスコーチは、通り一遍のことしか言えず、ケアができているとは言い難い」(同前)

 

 そんな彼女の不調に繋がる事件が。近しい関係者が語る。

 

「特例を認めさせてでも、彼女を自国の代表選手にしたがっていた全米テニス協会が、大坂を選ばない方針になった。

 

 まだ、大坂は東京五輪について明言していませんが、父の母国であり、テニス選手としてのステータスでもある米国代表に強い憧れがあるんです。それを向こうからバイバイされて今は『試合どころではない』心境かもしれません」

 

 以前から指摘されてきた大坂のメンタル面を、全米テニス協会は懸念していた。

 

「米国ではやたらと大坂の『心の弱さ』が話題になっている。そもそも全米テニス協会は、四大大会での活躍を重視していて、東京五輪の位置づけは日本ほど高くない。今の米国は有望な若手が多く、五輪は大坂以外の選手で編成する方針です」(同前)

 

 大坂さん、日本国民は断然ウエルカムですよ!


(週刊FLASH 2019年7月16日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入