最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1530号
10月1日号
9月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

5月30日増刊号
4月30日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第25弾】8月30日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

朝乃山「目指すは勝ち越し」屈辱の5連敗をいま振り返るスポーツ 2019.07.09

 

「まさか優勝だなんて、自分がいちばんびっくりしましたよ」

 

 令和初となった先場所で、前頭八枚目から優勝をかっさらった25歳が、屈託もなく笑う。「三役未経験力士」の優勝は58年ぶり。富山県出身としては、大正5年の太刀山以来、103年ぶりとなる快挙だった。

 

 

 表彰式でトランプ大統領からトロフィーを授与された。

 

「デカかったです。元プロレスラーなんですよね。え? 違うんすか。でもそれくらいデカかったっす」

 

 その前の3月場所では、勝ち越しまであと1勝というところから、まさかの5連敗で負け越しの屈辱を味わった。

 

「中日(8日目)に食べた、牡蠣にあたったんですよ。生とフライ、ひとつずつしか食べていないのに……。

 

 その2日後から調子がおかしくなって、上から下から……。すいません、汚ない話で(笑)。全然力が入らない、いや、入っても危ないですから。よくあれで土俵に立ったと思いますよ」

 

 師匠の高砂親方(63)からは大目玉を食らい、それで気持ちが大きく変わった。

 

「自己管理の徹底。危なそうな食べ物には手を出さない。当たり前ですけど。それで、どうせなら場所中の酒もやめようと。酒に誘われても、飲むのはサイダーで」

 

 巡業と場所前に充実した稽古を積めたことに加え、筋トレの成果も出ていたという。

 

「基本は下半身。下半身を鍛えることで、前に出る力が出てきたという面もあったと思います」

 

 心強い助っ人もいる。付け人の朝鬼神(26)は、インストラクター経験もある、元ボディビルダー。トレーニングでわからない部分があれば、質問をぶつけることができる。

 

 優勝後は、地元でのパレードなどの多くの行事が組まれ、稽古もままならない日々を送った。今場所は自己最高位の前頭筆頭。初の横綱戦をはじめ、上位総当たりの “試練の場所” だ。

 

「もう優勝は過去のこと。思いきって横綱、大関に当たっていくだけです。体が固まってしまうので、場の雰囲気にのまれないようにしたい」

 

 本人は「目指すは勝ち越し」と謙虚だが、その先には大きな夢を見据える。

 

「この世界に入った以上、目指すのはいちばん上。四つ相撲の看板力士、みんなの目標とされる力士になりたい」

 

 入門時から「大器」と期待された、恵まれた体。突き押し相撲全盛のなかにあって、本格的な四つ相撲で魅せることができる、貴重な存在だ。非凡な素質が、ここへきてようやく花開こうとしている。

 


あさのやま
1994年3月1日生まれ 富山県出身 187センチ 177キロ 近畿大から高砂部屋入門。2016年3月初土俵。2017年9月新入幕。2019年5月場所で初の幕内優勝。敢闘賞3回、殊勲賞1回。愛称「富山の人間山脈」は、若松親方が命名。理由は「天然パーマの感じがアンドレ・ザ・ジャイアントみたい」だったから

 

コーディネート・金本光弘

 

(週刊FLASH 2019年7月23・30日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月19日発売
表紙:山下美月

詳細・購入