最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1534号
11月5日号
10月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第26弾】9月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

谷口浩美が本気予想「代表選考マラソン」勝負の鍵は“2位狙い”スポーツ 2019.09.13

谷口浩美が本気予想「代表選考マラソン」勝負の鍵は“2位狙い”

 

 9月15日に開催される「マラソングランドチャンピオンシップ(以下、MGC)。男女ともに上位2名が、マラソン東京五輪日本代表に内定する。そこで、マラソン元代表の谷口浩美氏(59)に、勝負の行方を本気で予想してもらった!

 

「『2位までが五輪出場内定』ということを、明確に意識しながら走れるか。みんなが優勝を考えていたら、二番手は抜け穴なんです。

 

 

 僕も1987年の福岡マラソンのとき、優勝を狙って中山竹通さんを追っかけていたのですが、ほかの選手は僕についてくればいいので楽だったんです。以前に中山さんに勝ったことがあったし、勝つことしか考えていなかった。結果は6位。僕はソウル五輪出場を逃したのです」

 

 谷口氏が考える、MGCの本命選手は?

 

「これという決定打がなく、横並びの感じがするというのが、第一印象です。当日、暑くなれば、井上(大仁、26・MHPS)君が本命でしょうね。2018年8月のジャカルタでのアジア大会で勝ったことが大きい。気温28°C、湿度88%のなかでのレースを制した経験は大きいでしょう。

 

 それから今回のレースは、塊になって進むと思いますが、唯一、先陣を切っていく可能性があるのが設楽(悠太、27・Honda)君。ある程度、後続との距離を開けて、淡々と自分のレースをすれば強い。彼はマラソンを、走力で走る30kmまでと、気持ちで走る12.195kmに分けて考えられるんです」

 

 本命2人に対抗できる選手はだれなのか。

 

「うまくいけば服部(勇馬、25・トヨタ自動車)君ですかね。2018年12月の福岡国際マラソンで優勝したレースを見ると、ずいぶんとマラソンの全体像を見られるようになったと感じています。

 

 そして、大穴は佐藤(悠基、32・日清食品)君でしょう。マラソン界で、勝ち方を知っているのが、佐藤君なんですよね。2018年の東京マラソンで日本人6位に入り、MGC出場が決まった。

 

『2番までに入ればいい』という思いで走れば、彼は先頭を追わないですよ。ゴール手前でピッと出れば2番ですから。設楽君は残り12kmのレースを、佐藤君は残り100mのレースをすれば勝てると思っているでしょう」


たにぐちひろみ
1960年生まれ 宮崎県出身 1991年、世界陸上東京大会マラソンで優勝。バルセロナ、アトランタ五輪に出場。現在は宮崎大学特別教授

 

(週刊FLASH 2019年9月24日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入