最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

ラグビーW杯、日本がベスト8に出場できる条件とは?スポーツ 投稿日:2019.09.19 11:00

ラグビーW杯、日本がベスト8に出場できる条件とは?

元日本代表キャプテンの廣瀬氏

 

 9月20日に開幕するラグビーW杯。元日本代表主将で、ドラマ『ノーサイド・ゲーム』で浜畑譲役を好演して話題の廣瀬俊朗氏に、「ベスト8進出の条件」を聞いた。

 

「日本にとって悲願のベスト8。前回惜しくも突破できなかった壁を、今回突き破る可能性は十分あるとみています。最低条件は『3勝1敗』ですが、前回大会で敗れているスコットランドに勝たなければならない。

 

 

 今回、日本代表は、6月に “地獄の合宿” と呼ばれる厳しい練習をしてきました。W杯という大きな舞台では、自分たちはこれだけハードな練習をこなしたんだという自負がなければ、勝ちきることはできません。

 

 開催国であることのアドバンテージも大きい。日本特有の高温多湿の気候を味方につけたいところです」

 

 今大会は、結果が見えにくく、そこに見どころがあるという。

 

「大会全体というところでいえば、優勝候補はやはり、2連覇中のニュージーランドでしょう。ただ、テストマッチの内容がよくないのが気になります。南アフリカは調子を戻してきています。

 

 地力のあるイングランド、アイルランド、ウェールズにも優勝のチャンスはある。本命はニュージーランドと言っておきますが、大本命と言えるほどではない。意外なチームの台頭も十分ありとみて、相当おもしろい大会になりそうです」

 

 以下ではベテラン記者たちに、日本代表が戦う4戦について、勝負のゆくえを予想してもらった。現在、世界ランク10位の日本は、ベスト8に残れるか。

 

【ベテラン記者たちが分析する「日本代表の勝利の確率」】

●ロシア戦(世界ランク20位)/9月20日@東京スタジアム
・試合予想:
 開幕戦となる大事な試合。日本が勝つ確率は95%とみる。“パワー溢れる” といわれるロシアだが、要はデカいフォワード陣が前にゴリゴリ押してくるだけのスタイル。

 

 ペナルティを取られなければ攻められることはなく、ディフェンスも、日本の速いパス回しにはついてこられない。自陣奥に入れなければ、点を取られない。ただ勝つだけではなく、4トライ以上を決めて、勝ち点5を取りたい。

 

・注目選手:アンドレイ・ガルブゾフ(26、ポジション:ロック)
 ロシアはフォワードが強いチーム。ガルブゾフを中心としたモールや、FWを中心とした攻撃を避けたい。もしそうなってもしっかりと止めたい!

 

●アイルランド戦(世界ランク1位)/9月28日@エコパスタジアム
・試合予想:
 優勝候補と目される強豪だが、W杯での最高成績はベスト8。とはいえ、そこは世界1位。日本が上回るポイントを探すことは難しい。勝つことがベストではあるが、負けるにしても接戦に持ち込みたい。

 

 7点差以内の敗戦なら勝ち点1、さらに4トライ以上決めれば勝ち点1。いかに勝ち点を上積みできるかが、ベスト8進出への鍵。勝利の確率は30%。セットプレーである程度、耐えることができれば……。

 

・注目選手:ジョナサン・セクストン(34、ポジション:スタンドオフ)
 アイルランドの司令塔で、2018年のワールドラグビー年間最優秀選手。彼にプレッシャーを与えて混乱させないと、勝機は生まれない。

 

●VS.サモア(世界ランク16位)/10月5日@トヨタスタジアム
・試合予想:
 前回大会で日本がくだした相手。同じような展開に持ち込めば、今回も勝てる。世界各国に選手を送り出しているように、選手個々の能力は高いが、個人技に走りやすく、チームとしてのまとまりに欠ける。

 

 また、感情的になる選手が多いので、相手をイラつかせて、ペナルティを増やすことが有効。前回と同じく、田中史朗がキーマンになる。潜在能力は高いチームだが、勝利の確率は70%だ。

 

・注目選手:トゥシ・ピシ(37、ポジション:スタンドオフ)
 サモアを引っ張るベテラン。サントリーやサンウルブズでもプレーし、日本代表選手をよく知る。ゲームメイクが得意な彼を止めれば勝てる。

 

●スコットランド戦(世界ランク7位)/10月13日@横浜国際競技場
・試合予想:
 前回大会では[10―45]で負けた相手だが、今回はがっぷり四つで、五分の勝負ができるはず。なんといっても開催国特権で、試合スケジュールが圧倒的に有利。スコットランドはロシア戦から中3日だが、日本は中7日。

 

 日本はどの試合も中6日以上で組まれているので、すべての試合にベストメンバーで臨める。プレースタイルは似ている。できれば、この試合の前にベスト8進出を決めておきたいが……。

 

・注目選手:グレイグ・レイドロー(33、スクラムハーフ)
 前回のW杯では、彼の老獪なコントロールと、正確無比なプレースキックにやられた。彼を気持ちよくプレーさせては絶対にダメ。

 

※世界ランクは9月17日現在

 

(週刊FLASH 2019年10月1日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入