最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1583号
12月8日号
11月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

11月24日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

川合俊一、中学でバレー始めるも「ボールに触りたくなかった」

スポーツ 投稿日:2019.09.20 20:00FLASH編集部

川合俊一、中学でバレー始めるも「ボールに触りたくなかった」

 

 川合俊一が、9月17日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、バレー選手時代を振り返った。

 

 バレーボール日本代表でオリンピックでも活躍した川合。当初は父の影響から、バスケットボール選手を目指していたという。だが、バレーの強い中学校に行ったことからその道へ。

 

 

「最初は潔癖症でボールに触るのが嫌だった。ボールは白いイメージだけど、練習のし過ぎで黒くなっていて、一瞬も触りたくなかった」と意外なエピソードを披露。

 

 中学1年生のときは160cmだったが、毎朝牛乳1リットルを飲んだ結果、「半年で9cm伸びた」と明かす。

 

 現役時代は試合中に黄色い声援が飛び、写真集も発売された。だが「ノーギャラだった。どこに入ったのか?」とコメント。あまりのモテぶりにファンに囲まれることも多く、当時、初詣で「5~6人ぐらいにモテればいいので、これ以上モテませんように」と願ったという。

 

 日本体育大学に進んだ川合は、2017年3月11日放送の『あるある議事堂』(テレビ朝日系)で、学生寮での先輩からのシゴキについて語っている。

 

 寮生活は毎朝6時に和太鼓の音で起床し、トレーニングの後、廊下の雑巾がけが課せられ、上級生から「じゃ、(廊下を)なめてみろ!」と理不尽な命令をされたという。

 

 猛烈なシゴキに耐えて、バレーでもタレントでも花を咲かせたのだった。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入