最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

ソフトバンク高橋礼「アンダースローで27球ゴロアウトが理想」

スポーツ 投稿日:2019.10.11 06:00FLASH編集部

ソフトバンク高橋礼「アンダースローで27球ゴロアウトが理想」

 

「僕にとっては、オーバースローもアンダースローも、感覚的には、なにも変わりません。アンダースローは、もう今年で10年めになりますからね。『これしか投げ方を知らない』と言っても過言ではないです」

 

 今季、ニュータイプのサブマリンが躍動した。身長188cm、最速146kmのストレートを投げるアンダースローは、日本球界で唯一無二の存在だ。

 

 

 福岡ソフトバンクホークス高橋礼投手(23)が、野球を始めたのは小学5年生のころ。中学では、4番手の投手だった。転機が訪れたのは、中学2年の冬。コーチから「横から投げてみないか?」と、アドバイスを受けた。

 

「野球が大好きで、試合に出られるならやってみようと思ったんです。横から投げて、腕を少しずつ下げていって、自分のいちばん投げやすい位置が、アンダースローだったんです。

 

 それから、当時ロッテにいた渡辺俊介投手の動画や連続写真を見て、グローブの使い方、腕の振り方、右足、左足がどんなふうに動いているのか、見よう見まねですべてコピーしました」

 

 高校2年の冬に、監督の発案で、オーバースローに戻したこともあった。

 

「ぜんぜんダメでしたね。僕がイメージしていたのは、斉藤和巳さんやダルビッシュ有さんが投げるボールだったんですけど、うまくいかなかったので断念しました」

 

 専修大学時代は、天国と地獄を味わった。2年生の春にストッパーを務め、東都大学リーグで優勝。夏にはユニバーシアードの日本代表メンバーに選出され、金メダル獲得に貢献したが……。

 

「3、4年のときは絶不調でした。それまで、高めのまっすぐを使って投げていたんですけど、『アウトローに強いボールを投げたい』という気持ちが出てきて、フォームを崩してしまって。野球人生でいちばん打たれました」

 

 ソフトバンクホークスからドラフト2位で指名を受け、 2018年に入団。2018年は12試合に登板し、0勝1敗に終わった。ソフトバンクホークスの倉野信次コーチが述懐する。

 

「入団当初は、コントロールの悪いストレートだけで勝負している印象でした。アンダースローは体に負担がかかる投げ方だと思うので、コントロールをつけるのが難しいんですね。

 

 ただ、アンダースローであれだけの強い球というのは、打者が見慣れていないので、当然、大きな武器になります」

 

 アンダースローの最大の特徴は、地面に近い場所から浮き上がってくるようなボールの軌道だ。多くの打者はその軌道に翻弄される。

 

「ただ、相手チームも2巡め、3巡めになると、軌道に目が慣れて打たれてしまう場面がありました。ですが、今年(2019年)はシンカーが使えるようになり、投球の幅がかなり広がりました。フォームを改善したことで、コントロールもよくなりました」(倉野コーチ)

 

 高橋投手も、アンダースローの最大の利点を生かした投球術を意識している。

 

「序盤、イニングが浅いときは、どんどんストライク先行で取りにいって、バッターにボールの軌道を見せないようにしています。

 

 なるべくボール球を投げず、球数を減らして、初球は真ん中でもいいからストライクを取って、そこから組み立てていく。多少、甘くなってもいいから、強いボールでストライクを取るようにしています。

 

 僕は三振が取れるタイプではありません。エースの千賀(滉大)さんは、『27個の三振が欲しい』って言っていましたけど、僕は『27球でゴロアウトを取る』のが理想。先発完投するのが目標です」

 


たかはしれい
1995年11月2日生まれ 千葉県出身 188cm・84kg  2018年、ドラフト2位で福岡ソフトバンクホークスに入団。登場曲はSuperflyの『Beautiful』。最近は、米国のドラマ『SUITS/スーツ』にハマっているという

 

写真・繁昌良司

(週刊FLASH 2019年10月22・29日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入