最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1551号
3月10日号
2月25日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第30弾】1月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

元代表と振り返る「ラグビーW杯」なぜ日本は強くなったのかスポーツ 投稿日:2019.10.12 06:00

元代表と振り返る「ラグビーW杯」なぜ日本は強くなったのか

第9回W杯の日本対ロシア戦

 

【第4回大会(1999年)】
●日本 9-43 サモア
●日本 15-64 ウェールズ
●日本 12-33 アルゼンチン

 

 平尾誠二監督のもと、前回大会ではニュージーランド代表だったジョセフを加えた日本代表。欧州の強豪相手に、大畑大介のビッグプレーのトライで追撃するものの、最後は突き放された。

 

【第5回大会(2003年)】
●日本 11-32 スコットランド
●日本 29-51 フランス
●日本 13-41 フィジー
●日本 26-39 アメリカ

 

 フィジー戦では、前半終了間際に13-16と追い上げ、第2回大会のジンバブエ戦以来の勝利を期待されたが、後半は足が止まって0-25と完敗。結果的に、中4日の強行軍が大きな敗因となった。

 

【第6回大会(2007年)】
●日本 3-91 オーストラリア
●日本 31-35 フィジー
●日本 18-72 ウェールズ
▲日本 12-12 カナダ

 

 元ニュージーランド代表で、第1回大会の優勝メンバーの英雄ジョン・カーワンをヘッドコーチに迎え、試合に応じてチームの先発メンバーを大きく入れ替える「ターンオーバー制」を適用。優勝候補相手に、あえて控え選手中心で臨んだ結果、玉砕。

 

【第7回大会(2011年)】
●日本 21-47 フランス
●日本 7-83 ニュージーランド
●日本 18-31 トンガ
▲日本 23-23 カナダ

 

 日本は主力を温存したことで、またも “黒衣軍団” ニュージーランド代表の猛攻にさらされることに。前半に6トライ、後半も7トライを献上して、本大会ワースト2位の得点差76で、またもや惨敗した。

 

【第8回大会(2015年)】
○日本 34-32 南アフリカ
●日本 10-45 スコットランド
○日本 26-5 サモア
○日本 28-18 アメリカ

 

 この勝利に海外メディアは、「W杯史上最も衝撃的な結果」「スポーツ史上最大の番狂わせ」と報じた。そして、3勝しながらW杯を後にする日本代表に対して、「最も不幸な出来事」と称えた。

 

【第9回大会(2019年)】
○日本 30-10 ロシア
○日本 19-12 アイルランド
○日本 38-19 サモア

 

 ロシア戦、直近のテストマッチでは苦戦した日本だったが、本番ではきっちりと4トライを挙げ、ボーナスポイントを獲得。松島幸太朗が日本人として初めて3トライ、ハットトリックを達成。

 

 アイルランド戦では、世界2位(試合当時)相手に逆転で金星。後半は、終始日本のペースで進み完封。この快挙に、前回大会の南ア戦でも実況したNHKの豊原謙二郎アナが、「もう奇跡とは言わせない」と絶叫。


(週刊FLASH 2019年10月22・29日号)

12

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入