最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

ラグビー堀江翔太、亡父の仏前に飾った「桜のジャージ」スポーツ 投稿日:2019.10.22 16:00

ラグビー堀江翔太、亡父の仏前に飾った「桜のジャージ」

妻の友加里さんと

 

 ラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会で初の8強入りを果たした日本代表。快挙を成し遂げた選手たちの奮闘は賞賛に値するが、その陰にはメンバー外の選手や妻、裏方たちという “縁の下の力持ち” がいた。

 

 スクラムの中心・堀江翔太(33)には、W杯での勇姿を見せたかった人物がいた。小学校時代、ラグビーをすすめてくれた父・慎一さん(享年64)だ。慎一さんが大腸ガンを発症したのは約10年前だった。

 

 

「入退院を繰り返していましたが、関西で試合があるときはできるだけ会場に足を運んで、『息子の活躍がなによりの特効薬なんだ』と話していました。今大会もなんとしても見に行くんだと言って、その気持ちが闘病の支えになっていた」(スポーツライター)

 

 だが願いも虚しく、慎一さんは2019年3月、天国に旅立った。

 

 葬儀で堀江は「父が僕のプレーをいちばん気にしてくれていた」と涙ながらに語った。父の仏壇には、2015年W杯で南アを撃破した際の桜のジャージが飾られている。

 

 そして始まった今大会、母の則子さんが「お父さん、翔太がまたやってくれましたよ」と語りかけているという。

 

 失意の堀江を救ったのが、妻の友加里さんだ。夫が試合で留守がちのため、2人の子供と家庭を守りつづけた。

 

 そして、堀江のトレードマークとなっているドレッドヘア。じつはこれ、手先が器用な友加里さんが編んでいるもの。編み上がるまでに5時間もかかるという。

 

「そのぶん一緒に過ごせるんです。この5時間が、家族で過ごす貴重な時間になっています」(友加里さん)

 

(週刊FLASH 2019年11月5日号)

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入