最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1540号
12月17日号
12月3日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】11月29日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

野村弘樹「パワプロ」は子供に勝てず「動体視力上げないと…」スポーツ 投稿日:2019.11.04 20:00

野村弘樹「パワプロ」は子供に勝てず「動体視力上げないと…」

 

 11月3日、「eBASEBALLプロリーグ 2019シーズン ローソンeオープニングシリーズ」が開幕した。
 

 解説には、かつて横浜大洋ホエールズ(現・横浜DeNAベイスターズ)でプレーした、野村弘樹(50)さんが登場。

 

 

 野村さんは1992年、1995年に開幕投手を務めたが、当時について「前の日は寝られない。そのなかでいかにして自分のパフォーマンスを出すか、3時間どう集中して戦うかということに意識して取り組んだ」と、重圧感と戦ったことを振り返る。

 

 緊張とはどのように向き合ったのか。

 

「始まっちゃえばやるしかない、そういった思いで前の日は過ごしていた。これをやれば緊張がほぐれるというのはないし、受け入れてやっていくしかないと。緊張したくないと思うと辛くなるけど、したっていいと思うと楽になる」

 

 同リーグは、家庭用ゲーム「パワプロ」を用いて行うリーグ戦。野村さん自身も、息子と一緒にパワプロをやるが「やるけど当たらなくて、イライラしてくる。息子とやっても勝負にならない。練習しないとな。動体視力上げないと……。視力も弱くなっているので」と話していた。

 

 ストライクは入るが、「打たれるか打たれないかは別問題」とポツリ。現役時代はおさえられても、ゲームとなると違うようだ。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入