最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

前田健太、ポストシーズンは「勝ちきれなくて悔いが残った」スポーツ 投稿日:2019.11.07 17:42

前田健太、ポストシーズンは「勝ちきれなくて悔いが残った」

 

 MLB・ドジャースの前田健太投手が、11月7日に都内で開かれた『フィリップス SmartSleep新製品発表会』に登場した。

 

 睡眠の製品にちなみ、自身の睡眠事情について「睡眠はコントロールできなかった」と課題を口にする。

 

 

「シーズンオフは基本的には好きな時間に寝られて、好きなときに起きられるけど、シーズン中は19時から(試合が)始まって、23時に帰宅。どうしても睡眠時間が削られることが多かったです。睡眠の質は日によってバラバラで、どうしてもコントロールできなかった。自分でもよい睡眠なのか悪いのかわからなくなる」

 

 登板前日は「睡眠時間を確保するようにしています。睡眠不足だと体が重くなるので」と話し、登板後も「先発だと4日間投げないようになりますが、疲れをとることも大事。登板しない日は、トレーニングと睡眠を大事にしています」と、気が抜けない毎日を送っている。

 

 今シーズンの前田投手は、10勝8敗3セーブ、169奪三振の成績をマーク。

 

「印象的だったのはポストシーズン。登板して1イニングしっかり抑えられたのが印象に残ってます。ただ、(チームが)負けてしまい、勝ちきれなかったのが悔いに残ってます。ワールドチャンピオンになりたい気持ちは強まりました」と、早くも来年の目標を口にしていた。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入