最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

前田健太の快投を支える早穂夫人「野菜たっぷり」手料理スポーツ 投稿日:2016.06.08 14:00

前田健太の快投を支える早穂夫人「野菜たっぷり」手料理

写真:AP/AFLO

 

「ビデオで見る限りは不安だった。でも、どうだ。ケンタはいまのメジャーでもっともうまい投球をしているじゃないか」と、ドジャースのデーブ・ロバーツ監督(43)が日本からの新戦力に感嘆するのも無理はない。

 

 快調なドジャース前田健太(28)は、指揮官のみならず、目の肥えたロスっ子たちからも信頼を得ている。本場での活躍には実力はもちろん、周囲のサポートが必要だ。前田のように既婚者なら、妻の存在が重要となる。

 

 その点、早穂夫人(30)は、とくに食事面で大きな役割を果たしている。もともと前田は、選手にしては珍しく食事に無頓着だった。

 

 2人がまだ交際中、早穂夫人は彼の冷蔵庫を見て愕然としたという。偏食家のため野菜は皆無。体重を増やすためにと、入っていたのはケーキだったからだ。

 

「これがアスリートの冷蔵庫なの!?」

 

 一念発起した早穂夫人は一から勉強し、夫のために「アスリートフードマイスター」の資格を取得。

 

 以来、前田家の食卓には野菜が多く並んだ。その日の体調や、登板日から逆算して考えられた料理が並ぶ。そのおかげで野菜嫌いだった前田は、いまでは小松菜などβ-カロテンを豊富に含む緑黄色野菜が“好物”に変わった。

 

 基本は一汁三菜。試合で最高のパフォーマンスができるように、3日前からエネルギーを生み出す食事に変更。とくに前日は胃に負担がかからない低脂肪食にする。

 

 そして、登板後は疲労回復に効果のあるイミダペプチドを含む鶏むね肉や、抗酸化作用が高いアスタキサンチンを含む鮭を出す。

 

 ちなみにトレーニング期間は、不足がちな鉄分をたんぱく質とともに補える赤身の牛肉、マグロなどで、筋力アップのサポートを意識しているという。

 

 異国の地でのサポートの苦心談を、同じくド軍で活躍した石井一久氏(42)の妻、木佐彩子さん(44)が語る。

 

「日米の文化の違いなんでしょうけど、メジャーの奥さんのなかには夕食を作らない人も多いんです。そんな時間があるなら『球場に来て応援しなさい』という考え(笑)。

 

 でも、食事は重要。私はホームでの試合のときは毎回夕食を作っていました。ただ、大都会のロスでも日本食材を手に入れるのは大変。

 

 アドバイスできるとすれば、食材店の店員さんと仲よくなること。たとえばお肉屋さんで『この豚ブロック、一晩凍らせてください。明日の朝来ますから、そこで薄く切って!』と頼むんです。米国には薄切りのお肉がありませんから。

 

 でも、仲よくなるとやってくれる。日本だと『なにこの人!?』ってなるけど、米国は違います。図々しいくらいがちょうどいいかもしれません」

 

 早穂夫人も、現在はロスのスーパー回りが日課となっている。栄養と工夫、愛情いっぱいの“家ごはん”で、前田の快進撃が続く。

(週刊FLASH 2016年5月10、17日号)

【関連記事】

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入