最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1547号
2月11日号
1月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第28弾】12月27日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

成田童夢「僕も國母和宏から酒瓶で殴られた」スポーツ 投稿日:2019.12.31 06:00

成田童夢「僕も國母和宏から酒瓶で殴られた」

保釈時の國母被告

 

「彼には本気で反省してもらいたいですよ」
 そう切実に語るのは、日本キャスターボード協会代表を務める成田童夢氏(34)だ。

 

 2019年11月27日、国際郵便で大麻を密輸したとして、「大麻取締法違反」などの罪で起訴されたプロスノーボーダー・國母和宏被告(31)。2006年のトリノ冬季五輪で、日本代表としてともに出場した成田氏が、後輩である國母被告から受けた “被害” を教えてくれた。

 

 

「2005年、カナダでおこなわれたスノーボードのワールドカップで、日本人出場選手で唯一、私だけが3位の表彰台に上ったんです。

 

 ホテルで開かれた祝勝会に行くと、当時16歳の國母がビールを飲んでいました。私にも飲酒をすすめてきたので断わると、いきなりテキーラの空き瓶で、後頭部を殴られたんです。傷口から出血するほどの強さでした。

 

 それでも私は、彼に歩み寄ろうと努力しました。たとえば、練習中に國母が素晴らしい技を決めたら、『いまのよかったね』と褒めたり。でも彼は、『オマエうぜえよ』など、3歳年上の私を愚弄するような言動を繰り返すのみでした」

 

 トリノ五輪直前の合宿でも、悪態をついていたという。

 

「大阪出身の私に対して、北海道出身の國母が『雪国出身でもないのに五輪に出てんじゃねーよ』とか、『たこ焼きだけ食っていればいい』などと言ってきました。逆に、私が國母を無視するような態度を取ると、『無視すんじゃねーよ』と絡んでくる。

 

 保釈後、メディアに対してガッツポーズを取るなど、不遜な態度だったと聞いています。『大麻ぐらいで逮捕してんじゃねーよ』程度にしか、考えていないと思いますよ」


なりたどうむ
34歳 1985年9月22日生まれ 大阪府出身 2006年トリノオリンピック・スノーボードハーフパイプ日本代表。「日本キャスターボード協会」の代表を務めるほか、2015年より「合同会社夢組」を設立し、タレントやアイドルのプロデュースやコンサル業も
こなす

 

(週刊FLASH 2020年1月7・14日号)

 

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

11月21日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入