最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1567号
7月21日号
7月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

7月7日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

松田丈志「最もつらかったトレーニングは1日9時間泳いだとき」スポーツ 投稿日:2020.01.10 16:00

松田丈志「最もつらかったトレーニングは1日9時間泳いだとき」

 

 元競泳選手の松田丈志が、1月9日に「糸引き納豆の日記念イベント」に登場した。

 

 4大会連続の五輪出場、200mバタフライで2度の銅メダルを獲得するなど、輝かしい実績を持つ松田。五輪出場を志したのは、わずか8歳のときだった。

 

 

「オリンピックを意識したのは8歳の頃、ちょうどバルセロナ五輪で、岩崎恭子さんが14歳で200m平泳ぎで金メダルをとったとき。テレビで見てて、大好きな水泳の頂点の五輪で活躍すると、こんなに日本が大騒ぎするんだと思って。自分も行ってみたいと思うようになった」

 

 だが、五輪出場までには、悔しい思いをしたこともあった。

 

「初めて出た全国大会が最下位だったり、国際大会初出場のときも世界チャンピオンに周回遅れを受けたり……。自信をなくした。

 

 でもそのときに、(メダルや好成績を)とれた人はどういうことをしていたのか考えた。自分は努力していると思っていたけど、彼らは、はるかに(予想を)超える努力をしていて、だから世界一になれているんだと腑に落ちた」

 

 現役時代、最もつらかったトレーニングは「1日に最高30キロ泳いだ。朝・昼・夜にそれぞれ10キロ。10キロ泳ぐのに3時間かかるので、9時間くらい泳いだときは一番きつかった」と振り返る。

 

「引退して最初の五輪イヤー。どんな1年になるのか、どんなことができるのか楽しみ」

 

 現役を引退した今も、五輪本番を迎えるのを楽しみにしていると話した。

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入