最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

サッカー日本代表「小林祐希」はタトゥーを彫った嚙みつき男スポーツ 投稿日:2016.06.28 16:50

サッカー日本代表「小林祐希」はタトゥーを彫った嚙みつき男

写真/Getty Images

 

 「この5年間、本田圭佑、香川真司を超える選手が出たか?」

 

 キリン杯に先立ち、ハリルホジッチ監督(64)は、やや停滞気味な日本代表に活を入れた。

 

 だが、そんな彼の不満を払拭する選手が現われた。代表初選出となる小林祐希(24)がその人で、久々に現われた本格派の司令塔だ。強気の姿勢も魅力。

 

「(初代表も)いい経験をしようとか、さらさら思っていない。いっさい遠慮はしない。強烈な爪痕を残します」

 

 司令塔の象徴、背番号10の香川との初対面前には、「直接話をしたい。のちのち10番をつけたい」と、宣戦布告までやってのけた。所属の磐田では背番号4、強気なコメント、同じレフティとあって、本田2世と呼ばれ、その『ビッグマウス』に、指揮官も期待を寄せる。

 

「左利きで質が高い。クラブでもリーダーシップ、周囲の選手とのコミュニケーションが取れている」

 

 小林は東京Ⅴ(ヴェルディ)ユース時代の2010年、18 歳でトップチーム入り。2012年には、クラブ史上最年少の 19歳で主将に就任した。ユース時代から、彼の取材を続け るサッカーライターが語る。

 

「ユース時は、仲間から“祐希節”といわれるほど、はっきりとものを言うコだった。19歳で主将になったときも、周囲の不安はプレーで黙らせると。努力も人一倍。練習にいちばん早く来て、いちばん遅く上がる。

 

 東京Ⅴは、昔からユースの選手たちがトップチームに入って紅白戦をやっていた。彼はトップの選手にも臆することなく食らいついて、噛みついていた。今の選手は、技術的には高いが、闘争心やガツガツいく部分は物足りない。小林はその部分を持っているだけに期待したい」

 

 もうひとつ特徴的なのが、左前腕部に入れたタトゥーだ。これまでも、日本代表組では松田直樹(故人)、柳沢敦(39)、小野伸二(36)らが入れていたが、肩や背中、上腕部に入れていたため、ユニホームを着れば隠れていた。まだ国内で、タトゥーにマイナスのイメージがあるからと考えてのことだろう。

 

 だが小林は、堂々と左前腕部に入れてプレーする。タトゥーさえもアピールと考えてのことか。強気な姿勢と言動、そしてタトゥーと、9月のロシアW杯最終予選に向けて、激アツ男が噛みつき暴れ回る!

 

(週刊FLASH 2016年6月21日号)

【関連記事】

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入