最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

スポーツスポーツ

リオ五輪決定「猫ひろし」カンボジアで月1000キロのトレーニングスポーツ 投稿日:2016.06.30 14:00

リオ五輪決定「猫ひろし」カンボジアで月1000キロのトレーニング

猫ひろし提供

 

 「4年間(カンボジアで)ずっと1位でいるのは大変でした。今は、リオでベスト記録を出すことに集中したい」

 

 6月3日、リオ五輪男子マラソンの「カンボジア代表」決定の記者会見に出席した猫ひろし(38)。

 

 4年前、一度は手にした五輪出場の権利だったが、カンボジアでの実績や居住年数が問題となり、日本国内でも批判の声が上がった。

 

 結果、国際陸連にロンドン五輪出場の資格なしと判断され、涙をのんだ。6年前からコーチを務めている、ハイテクスポーツ塾の中島進氏が述懐する。

 

「あのときが、本人にとっていちばん辛かったと思う。一度は決まった五輪出場の権利を奪われるなんて、そんな選手いないでしょう。カンボジア国籍での出場はずるいと言っていた人たちに、じゃあやってみろと言いたい」

 

 あれから4年。147センチの小さな体で、1カ月1000キロ近く走るトレーニングを積んできた。現在、強化合宿をおこなっているカンボジアから、1日4〜5回、中島コーチに電話をかけてきて、練習メニューの確認や指導を仰ぐ。

 

「猫さんが、五輪出場の権利を獲得できた最大の要因は根性。フォーム作りから始めて、筋力をつけ、スピードを上げる練習を繰り返してきた。弱音を吐くこともあったけど、『走れ!』と指導して乗り越えてきた。本番では、心に残るようなレースを期待したい」

 

 五輪史上初となる“芸人アスリート”が、空前の猫ブームに乗って、リオの街中を突っ走れ!

(週刊FLASH 2016年6月21日号)

【関連記事】

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入