最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1646号
5月31日号
5月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

5月13日より好評発売中!

詳細・購入

スポーツスポーツ

ロッテ佐々木朗希、囲み取材は「ガン見」で記者を牽制

スポーツ 投稿日:2020.02.23 06:00FLASH編集部

ロッテ佐々木朗希、囲み取材は「ガン見」で記者を牽制

 

 注目の初ブルペンは、2月13日のこと。捕手を立たせたままのピッチングだったが、球を受けた相手が「155kmは出ていた」と話し、大きな話題となった――。2019年夏の甲子園岩手大会決勝で、“投げなかった” ことが話題になった佐々木朗希(18)なら、致し方ないことだろう。

 

 2月13日まで、一軍二軍合同だった石垣島でのロッテキャンプ。その主役は、言うまでもなく佐々木だ。例年に比べ、大勢のファンが訪れている。

 

 

 だが、「これも “佐々木効果” ですよ」と喜ぶ関係者もいれば、「意外な弱点が……」とため息をつく別の関係者の姿も。

 

「岩手・大船渡高校の方針もあって、高校時代は『マスコミと必要以上に話すのはよくない』という感じでした。そのため、いまでもマスコミを警戒していて、報道陣に “壁” を作っているんです。

 

 ロッテ関係者も『もう少し、取材に協力的に答えてもいいのに』と嘆くほど、取材陣との間の壁は厚い。その理由は囲み取材で質問を受けるとき、彼は必ず記者の報道パスをガン見して、『○○社の△△記者だ』と確認するんですよ。

 

 取材をする側からしたら、見出しになる言葉を引き出そうとあれやこれやと聞きたい。でも、『へんなことを聞いたら覚えられるな……』と頭をかすめてしまって、とてもやりづらい(苦笑)」(ロッテ担当記者)

 

 新人ピッチャーながらも、“牽制技術” は早くもバッチリ。さすがは「令和の怪物」といったところだろうか。


(週刊FLASH 2020年3月3日号)

続きを見る

スポーツ一覧をもっと見る

スポーツ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入