最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1513号
5月7日・14日・21日合併号

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月10日増刊号
10月9日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第20弾】3月29日より好評発売中!

詳細・購入

バラエティバラエティ

バラエティバラエティ

世界一危険な裸芸「ウエスP」渡辺直美も絶賛バラエティ 2019.02.11

 

「世界一危険な裸芸」が世界各国でバカウケ中のお笑い芸人・ウエスP(31)を直撃した。

 

「裸芸は『絶滅危惧種』。頑張っていきます。小島よしおさん、とにかく明るい安村さん、アキラ100%さんとでLINEのグループを作って励まし合っています。裸芸のレジェンド・井手らっきょさんと会ったら、『会いました』と写真つきで報告することになっています(笑)」

 

 

 いまウエスPは、海外のバラエティ番組で引っ張りだこになっている。彼の芸は、体の上に載せた布を、手やドローン、シャンパンボトルの開栓の勢い……などで引き抜き、コーヒーカップで股間を隠すというもの。

 

 布を引き抜く小道具は、上記以外もさまざまで、「(股間が出てしまった)失敗は二度あります」とのこと。もともとは、スパッツを穿いてやっていた芸だった。

 

「『テーブルクロス引き』を全裸でやるようになったのは、テレビ番組用に作ったネタがきっかけでした。その後、仕事もゼロで暇だったので、残っていた100本近い動画をツイッターに投稿したんです。それが、どんどんリツイートされていって、海外の方の目に留まったんです」

 

 歌手のスーザン・ボイルを発掘したイギリスのオーディション番組で、セミファイナリストになったばかりでなく、ドイツ、ジョージア(旧グルジア)、アメリカ、フランス……と、世界を股にかけ、各国のテレビ番組でネタを披露している。

 

 ウエスPのNSC(吉本総合芸能学院)東京時代の同期生で、自身の結婚式で余興を頼んだジャングルポケットの太田博久(35)は、彼の実力をこう評した。

 

「海外で活躍している同期の渡辺直美も彼を意識していて、『ウエスPすごいよね』って食事に行くとよく話しています。どこに行っても通じる芸ですからね。いまだに童貞だそうです(笑)」

 

 ブレイクしたが、まだモテないという。

 

「インスタグラムのフォロワーが12万人ほどいますが、99%が外国人。でも、まったく誘惑のメッセージが来ません……」

 

 ウエスP自身も悔しそうである。さて、最後に今後の野望を聞いてみると……。

 

「海外の人から、『どこで君の芸が見れるの?』と聞かれることが多いんです。まずヨーロッパ各国でツアーをやりたいですね」

 


(週刊FLASH 2019年2月19日号)

【関連記事】

・カラテカ矢部「『大家さんと僕』思い出の家は占いで決めた」

・南海キャンディーズ山里、しずちゃんに嫉妬した過去を初懺悔https://smart-flash.jp/entame/57513

・千原ジュニア「酔ったヤクザ」に連れ去られるも舎弟が土下座謝罪

バラエティ一覧をもっと見る

バラエティ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年新年号
12月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

3月8日発売
表紙:白石麻衣

詳細・購入