最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

バラエティバラエティ

バラエティバラエティ

キンコン梶原、プレッシャーで休養の真相明かす「感情が無に」バラエティ 投稿日:2019.09.05 20:00

キンコン梶原、プレッシャーで休養の真相明かす「感情が無に」

 

 キングコング梶原雄太が、9月2日放送の『しくじり先生 俺みたいになるな!!』(テレビ朝日系)で、大ブレイクした時期に休養した真相を語った。

 お笑い養成所NSC在学中から注目を集め、デビュー2年目で『はねるのトびら』(フジテレビ系)のセンターに抜擢された。

 

 

 コント未経験でプレッシャーを感じながら、36時間ぶっ続けでコント収録をおこなうなど、お笑いに真剣に取り組んでいく。当時、大阪から通っていたが、次第に「新幹線の新横浜で震えだす」と、東京に近づくと恐怖を感じるようになる。

 

 さらに『コント1000本ノック』(同局系)で毎週コントを10本考えなければならず、6本しかアイデアが出なかった梶原は「収録前にトイレに閉じこもった」と現実逃避してしまったという。

 

 そんなとき、相方の西野亮廣が「しんどかったら全部俺がやったるやん」と支えてくれたという。自分の分もコントを考えてくれた西野を、梶原は「とんでもないスゴイやつ」と感謝しているという。

 

 だが、それでも不安はやまず、ついに「感情が無くなった」ことで、大ブレイクしていた2003年に一時休養。周囲の支えもあり、約3カ月の充電期間を経て無事に復帰した。

 

 梶原はウェブ「AbemaTIMES」9月1日配信記事で、心の病を抱えている人に向けて「自分ひとりで抱え込まえないで!」とメッセージ。「まず自分と“打ち合わせ”をする時間を取ってみてください」と、自分の心を客観的に見つめる時間が必要で、一人で考えてもツラいなら、親や兄弟、信頼できる人と話した方がいいと明かした。

 

 また、「働きすぎで苦しんでいる人やストレスに悩む人が目の前にいたら『負け顔を見せてもいいんですよ』って伝えたい。僕は負け顔を見せられずに、大失敗をしてしまった」とエールを送った。 

 

 梶原はカジサック名義でYouTuberとしても活動し、チャンネル登録者数は100万人を突破。『カジサックのじゃないと!』(熊本県民テレビ)も始まるなど、多方面に活躍している。どん底を知っているからこその強さなのだろう。

バラエティ一覧をもっと見る

バラエティ 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入