最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1722号
3月5日号
2月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

2月20日より好評発売中!

詳細・購入

AKBAKB・坂道

【6期生デビュー10周年企画②】元SKE48竹内彩姫 アイドル人生に「悔いはない」と裏方に回るセカンドキャリアへ

AKB・坂道 投稿日:2023.03.31 21:01FLASH編集部

【6期生デビュー10周年企画②】元SKE48竹内彩姫 アイドル人生に「悔いはない」と裏方に回るセカンドキャリアへ

デビューから10周年を迎えたSKE48の6期生メンバー。3月には記念ライブも開かれた。その陰には“裏方”に回ったかつての同期・竹内彩姫さんの支えもあった。運営スタッフとして第二のキャリアを進む竹内さんと、今もなお表舞台で脚光を浴びる6人のストーリー。その第2回。(取材&文・伏見学)

 

竹内さんと同じく10年前、アイドルの世界に飛び込んだ6人の現役メンバー。彼女たちはなぜアイドルになったのだろうか。

 

最年長の鎌田さんと青木さんは対照的だ。鎌田さんは「オーディションをWEBで申し込めるようになったから、軽い気持ちで応募したら通ってしまって。しかも、二次審査の日は剣道の大会があったんですよ。午前中で負けてしまい、午後が空いたのでオーディションに行けました」とあっけらかんと話す。

 

青木さんは元々、AKB48が好きで、彼女たちのように周りを元気にしたいと思っていた。自身も励まされた一人だからだ。当時通っていた高校に馴染めずにいた青木さんは、自宅に帰って毎日観るAKB48のミュージックビデオが心の拠りどころだった。「本当にそれがいちばん楽しい時間というか、助けられましたね。特に好きだったのは『遠距離ポスター』です」と回想する。

 

熊崎さんと日高さん、井田さん、北野さんは芸能界に興味があったが、オーディションを受けた理由はそれぞれ異なる。

 

「アイドルよりも、演技をする女優さんになりたいという夢を持っていました。以前から芸能活動をしていて、ちょうど出演していた番組がなくなったこともあって、オーディションを受けました」(熊崎さん)

 

「中学校で仲良かった先輩が5期生のオーディションを受けていたんです。その影響で私もやってみようと、一歩を踏み出しました」(日高さん)

 

「それまでもいろいろなオーディションを受けていて、5期生のオーディションもその中のひとつにすぎなかったんですけど、落ちたときにとても悔しい、となって。次はもっと準備して6期生を受けようと挑みました」(井田さん)

 

「小さい頃からの夢がモデルで、それを知っていた家族から『48グループに入ったらその夢に近づけるんじゃない?』と言われて。私は別にアイドルになるつもりはなかったんですけど、家族にプッシュされた感じです」(北野さん)

 

目的や熱量は各人各様だが、結果的に全員がそろって10年間もアイドルを続けているのだから、人生はわからない。

 

学校を挙げて応援してくれた

 

再び竹内さんの物語に戻ろう。

 

いざアイドルになってみると、外から見ていたイメージとのギャップに苦しむ人は少なくないというが、竹内さんはアイドルに特別思い入れがなかったぶん、すべてが新鮮で、楽しくて仕方がなかったそうだ。

 

「レッスンはほぼ毎日。学校からそのままレッスン場に行って、夜遅く家に帰り、ご飯を食べて寝るという生活でしたが、全然辛くなかったです。学校も大好きだったから、本当に朝から晩まで充実しているなあって」

 

もちろん、苦労がゼロだったわけではない。

 

「覚える曲数が多すぎて。研究生のおもな役割は、正規メンバーの穴があいた場所に入ってパフォーマンスをすることですが、S、KⅡ、Eの3チームの振付はもちろんのこと、16人のポジションがあるので、同じ曲でもそれぞれの動きを覚えなければいけません。仕事がない日もずっとレッスン場で練習していました。それでも頭が追いつかなかった」

 

公演の前日、急に先輩メンバーが体調不良で、スタッフから「明日公演いける?」と言われることもザラにあった。ただ、断わるのが嫌だった竹内さんは、「出ます!」と応じ、さらに根詰めて練習した。

 

「ファンの方はお金を払って観に来てくださるわけだし、中途半端なパフォーマンスは絶対しちゃダメだと。その日は本当、死ぬ気で振付を練習しましたね」

 

覚えることの大変さはあったが、メンタル面やフィジカル面で病んでしまうようなことはほとんどなかった。それは持ち前のポジティブな性格に加えて、周囲の支えも大きかった。実はこんなこともあったと竹内さんは明かす。

 

「中学校の同級生も、先輩も後輩も、先生もすごく優しくて。私が仕事で学校を早退するときに、校舎の窓が開いて、皆が『行ってらっしゃい!』と手を振って送り出してくれたこともあります。それがすごく嬉しくて、頑張るぞと気合が入りました。本当に人間関係に恵まれていたと思います」

 

竹内さんの天真爛漫さや、誰とでも仲良くなれる天性の資質は、アイドル活動をより輝くものにした。

 

アイドル・竹内彩姫はもう夢を叶えた

 

’15年3月、研究生からTeam KⅡの正規メンバーに昇格。翌’16年の「第8回AKB48選抜総選挙」では31位という成績を収める。この順位は当時の同期の中では断然トップで、SKE48全体でも上から7番めの快挙だった。

 

勢いそのまま、同年8月に発売されたシングル『金の愛、銀の愛』で初の選抜メンバーに。そこから卒業するまで選抜メンバーの地位を守り続けた。’17年4月には、かつての“職場”だったナゴヤドームにおいて、中日vs.広島の始球式も務めた。

 

他人から見れば羨ましがられるような、順風満帆なアイドル人生。ただし、結果的にこれが卒業の引き金にもなった。

 

「ポジションにはあまりこだわりがなくて。シングルのセンターになる夢を持ったことはないです。ファンのおかげで総選挙にランクインして、それをきっかけに選抜に入れてもらって。そこからドラマや舞台に出させてもらったり、ラジオのパーソナリティをやらせてもらったり。始球式もさせていただいた。いつかやりたいと思っていた夢を全部叶えられたので、アイドルでいる自分に満足できた。もう悔いはないなと」

 

SKE48の竹内彩姫としてはやり切った。だから違う世界も見てみたい、そこで自分は何をできるのか知りたくなったのだ。そう思ったら、もう次のステージに進むことしか考えられなくなった。’20年初頭には卒業をぼんやりと意識し始めた。

 

では、アイドルをやめて何をするのか。竹内さんが思い描いたのは、毎日同じ時間に出社・退社する、ルーティーン的な日常だった。そんなありきたりな会社員の生活に憧れを抱いた。

 

そのときにふと思い出したのが、遡ること約半年前の’19年7月、ゼストが運営会社になったタイミングで、SKE48の全メンバーと、その親に対して開かれた説明会だった。

 

「当時の社長が『アイドルのセカンドキャリアを応援します』と言っていたんです。それが頭の中に残っていて、いざ卒業を相談する際に、『セカンドキャリアという話が前にあったと思うんですけど、それって具体的にどういうことですか?』と尋ねたのがきっかけです」

 

一般企業に就職したいのだが、どうサポートしてもらえるのか。そう問うと、選択肢のひとつとしてゼストの社員になるチャンスがあることがわかった。双方のニーズがマッチし、次のキャリアに向けた準備が水面下で進められていった。

 

そして’21年2月25日、チームKⅡ「最終ベルが鳴る」公演のステージ上で竹内さんは卒業を発表。同時に、5月末でアイドルをやめ、6月1日からゼストに入社することが明かされた。

 

【6期生デビュー10周年企画③】につづくー。




FLASHスペシャルグラビアBEST 2023年春号 3月31日発売!

Amazon

セブンネット

楽天ブックス

HMV

( FLASHスペシャルグラビアBEST 2023年春号 )

続きを見る

AKB・坂道一覧をもっと見る

AKB・坂道 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2024年新年号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

7月31日発売
表紙:小坂菜緒(日向坂46)

詳細・購入