最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

66歳の小林幸子、「90歳まで歌いたい」と野望を語る

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.07.23 20:00FLASH編集部

66歳の小林幸子、「90歳まで歌いたい」と野望を語る

 

 歌手の小林幸子(66)が、7月23日、映画『瞽女 GOZE』の完成披露試写会で、夢を語った。

 

 三味線を弾きつつ、語り物などを唄って各地をめぐる盲目の女旅芸人を「瞽女(ごぜ)」というが、最後の瞽女と名高い故・小林ハルさんの生きざまを描いた本作。

 

 

 小林幸子は、今作で占い師役として出演している。

 

「『この子は人を幸せにする。瞽女にしやせや~』という、(作品の中で)一番のキーとなるセリフを、どう演じたらいいか(悩んだ)……」と、物語の核心に迫る一言を演じたことが印象的だったと回顧。

 

 自身は「占いを信じない」とキッパリ言うも、「いいことだけは信じる(笑)。占い師の役で、人の話に耳を傾けることで、人生の糧になれれば」と、占い師役を演じたことに感慨深げ。

 

 実は、小林幸子は、ハルさんと同様、新潟県出身。実際に瞽女は身近な存在だったという。

 

「(私の)おじいちゃん・おばあちゃんは農家ですが、瞽女さんには何度も会って、いろんな話を聞いていて、『瞽女さま』と呼んでいた。瞽女さんたちが来ることを楽しみにしていて、ハルさんのこともよく知っていますよ」

 

 1973年、73歳で瞽女を廃業したハルさんだが、1978年に国立劇場の舞台で瞽女唄を披露するなど、晩年になっても美声で人々を魅了させていた。

 

 そうしたハルさんの生きざまに感化されたのか、小林幸子も「新潟県人として、90歳まで歌えるように頑張りたい」と意欲を燃やしていた。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入