最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1580号
11/10・17合併号
10月27日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月30日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

芳根京子、オーディションに落ちまくるもスタッフの言葉で奮起

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.08.16 06:00FLASH編集部

芳根京子、オーディションに落ちまくるもスタッフの言葉で奮起

 

 8月13日放送の『ごごナマ』(NHK総合)で、芳根京子が秘話を語った。

 

 芳根はデビューから1年以上、オーディションに落ち続けていたという。当時の心境について「ポジティブ思考なので『ご縁がなかったんだ』って」と明るく回想。

 

 

「今だから言うんですけど、やる気がなかった」とぶっちゃけ、当初は部活感覚だったと話す。あるとき、マネージャーに「やる気があるのかないのかだけ、はっきりしてくれ」と言われたという。

 

 さらに加入から1年が経過し、「今お前がやめても、事務所にとって得も損もない」と言われてしまう。芳根は「カチンときて、『やめないでほしい』って言われるぐらい大きくなってやめてやる」と決意したという。

 

 そこから「オーディションを全力でやる。120%でやる」と向き合い方を変え、女優として成長してきた。

 

 番組では彼女の噂を検証。
「物忘れが激しすぎる!?」との説に、芳根は、撮影の待機時間にフェースシールドをつけたことを忘れてしまうと明かす。

 

 つけたまま弁当を食べたり、歯磨きしようとしたりして、「いろんなものがフェースシールドについて汚れた」と苦笑。

 

 また、「今は恋よりも仕事だ?」との質問には「お芝居が大好きで、今は自分が目指すところに行きたい」と語っていた。

 

 8月15日放送のドキュメンタリードラマ『Akiko's Piano 被爆したピアノが奏でる和音(おと)』(BSプレミアム・BS4K)に主演する芳根。今は女優業に一途なのだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入