最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1589号
2月2日号
1月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

M-1ファイナリスト「錦鯉」一番のおっさんで元気なバカが日本中を笑わせる

エンタメ・アイドル 投稿日:2020.12.16 20:00FLASH編集部

M-1ファイナリスト「錦鯉」一番のおっさんで元気なバカが日本中を笑わせる

錦鯉(左から長谷川雅紀、渡辺隆)/(C)M-1グランプリ事務局

 

 無名だったミルクボーイが、昨年、M-1史上最高得点(※現在の審査方法において)で優勝を果たし、今ではゴールデンタイムのバラエティー番組のメインを務めるほどの人気芸人に大躍進。一昨年の王者・霜降り明星は、いま芸能界を席巻している「お笑い第七世代」くくりを生み出すきっかけにもなった。

 

 

 初代王者・中川家から始まりアンタッチャブル、サンドウィッチマンなど数多くの人気芸人を世に出してきた、漫才日本一を決める『M-1グランプリ』。

 

 SmartFLASHでは、今年もM-1グランプリ2020決勝に駒を進めたファイナリスト9組を総直撃。12月20日(日)の決勝までの毎日、1組ずつ紹介していく。

 

 6組目は「錦鯉」。長谷川雅紀が芸歴26年目の49歳、渡辺隆が同21年目の42歳とともにベテランクラスだが、コンビ歴としてはまだ結成8年のため、あと7年はM-1出場が可能。「ラストイヤーは56歳!」をネタにしてきたが、それを待たずに初の決勝進出を決めた。

 

 自らを「ファイナリストのなかで、一番おっさんで元気なバカ」と言い切る2人が、地下ライブで蓄えた力を武器に、初の大舞台で全国区に躍り出る。

 

――決勝進出おめでとうございます。今のお気持ちを聞かせてください。

 

渡辺 本当に嬉しいですね。お笑いをやめなくてよかったと、しみじみ思いました。これまでとは違って、今年は初めて準決勝で手応えがありましたし、(決勝に)行けた! という感覚もあったので、とにかく嬉しい気持ちでいっぱいです。

 

長谷川 2016年、2019年とこれまで2度準決勝に進出したんですが、その都度、周囲の芸人や先輩からは「決勝に行けるんじゃないか」と言われていたので、今回行けて本当に嬉しいですし、安心しました。僕は芸歴26年で49歳なんですが、この芸歴で、この年齢で決勝に行かせてくれるM-1に、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。実は、いくら面白い漫才をしても、若手芸人や人気芸人には勝てないと勝手に思いこんでいた時期もあったんです。だけどそうじゃなかった。ガチの審査なんだって思いました。

 

渡辺 そう。これまで僕たちが決勝に行けなかったのは、ウケてなかったからということがよくわかりました。

 

――今年は新型コロナウィルスの影響もあったと思いますが、準決勝までを振り返っていかがでしたか。

 

長谷川 僕たちは(シードで)2回戦からの出場で、よしもと有楽町シアターが会場だったんですが、開催日ごとにお客さんの数も違いましたし、雰囲気も日によって違っていたでしょうから、みなさんそれぞれ苦労されたんじゃないかなと思っていました。そんななかでも僕たちは「気にしないでやっていこう」と話していて、のびのび楽しくやろうと臨んだ予選でした。

 

渡辺 例年との違いは昨年の敗者復活戦のあと、テレビやラジオにお声がけいただくことが増えたことかもしれないですね。

 

長谷川 ちょっと追い風を感じた1年でした。それをプレッシャーではなく、嬉しい、楽しいと感じながらM-1に挑めたのはよかったと思っています。

 

――そんな今年1年を漢字4文字で表していただけますか。

 

渡辺 4文字って難しい……。今年は仕事が増えましたね。

 

長谷川 明らかに仕事は増えました。テレビの出演も増えて、たくさんの人に知っていただけましたし。

 

渡辺 「増」だね。あと(長谷川の)歯がなくなったから「減」……4文字か、むずかしい。「一攫千金」は4文字ですよね。「一千万円」も4文字か。

 

長谷川 これは難しいですね……。

 

渡辺 「増加減少」じゃないですか。

 

長谷川 なるほど。増えて減ってか。確かに歯が減ったことで、テレビでもけっこう取り上げてくれたんですよね。「歯のない人と行くならこんな店」という企画とか、唐揚げを噛めないので丸呑みしたりとか。歯が減少したことで増加したことが多かった。

 

渡辺 だったら、「減少増加」だね。

 

長谷川 それ、なんかいい言葉!

 

――「ファイナリストのなかで、自分たちが一番だ!」と思っていることはありますか?

 

渡辺 2つあるんですよね。“最年長” と “バカ” と。ファイナリストのなかでは、間違いなく一番おっさんでバカですから。

 

長谷川 うんうん。一番歳上なのは間違いないですからね。あと、僕は一番元気ってことかなあ。

 

渡辺 一番おっさんで元気なバカということで。

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年新年号
12月24日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入