最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1600号
4月27日号
4月13日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

4月9日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『青天を衝け』出演…峯村リエ「今回は嫌われ役じゃありません!」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.02.28 06:00FLASH編集部

『青天を衝け』出演…峯村リエ「今回は嫌われ役じゃありません!」

 

 NHK大河ドラマ『青天を衝け』で、徳川家定の乳母・歌橋を演じる峯村リエ。鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチ主宰の劇団「ナイロン100℃」の旗揚げから参加し、舞台を中心に活躍してきたが、大河ドラマ『真田丸』(2016年)の出演を機に、多くのテレビドラマに出演し、大活躍を続けている。『真田丸』では茶々の乳母である大蔵卿局を好演し、存在感を放った。

 

 

――大蔵卿局の「なりませぬ!」は大きな話題になりましたが、憎々しいという声はあった?

 

「自分では浅はかだけれども、愛情あふれる茶々様をお守りしなくちゃという思いだけで演じていたんです。

 

 ある日、誰かに『ツイッターとか見ないほうがいいよ』って言われたんですね。そう言われると見たくなるじゃないですか(笑)。それでエゴサーチしたら、すっごいみなさんに嫌われているんですよ。もうびっくりしました。『あいつさえいなければ』みたいな意見が多かったですね(笑)。

 

 でも、そんなに話題にしてくれるなんて、ちょっと嬉しかったです。三谷(幸喜)さんのお母様も『あいつがいちばん悪い』っておっしゃってたそうなんです。三谷さんも『大成功だね』とメールをくださって、間違っていなかったんだなと、嫌われ具合に安心しました。

 

 今でもよく、テレビ番組などに出演すると『“なりませぬ”を言ってください』とリクエストされるんです。そういうときは、楽しんで『なりませぬ!』と言っています(笑)」

 

 昨年11月末まで放送されていたNHK連続テレビ小説『エール』でも、ちょっと意地悪な国防婦人会の班長・佐々木克子を演じている。

 

――「待ってました!」と喜んだ視聴者もいたのでは?

 

「大蔵卿局もそうですが、ただ厳しいだけじゃなくて、ちょっとコミカルな部分もあるので、そこにはすごく救われています。大蔵卿局も克子さんも必死でまっすぐなだけなんですけどね。本当に嫌な人を演じてみたいという気持ちもあります」

 

――悪者といえば峯村リエと言われたら?

 

「それはどうしよう(笑)。でもそれ一本でもいいかもしれない。ありがとうございます、嫌ってくださいという感じでしょうか。そんなふうに言ってもらいたいですね。

 

 ただ、『青天を衝け』で演じる歌橋は、嫌われ役じゃなくて愛情あふれるキャラクター。こちらはこちらで楽しんでいただきたいです(笑)」

 

 現在、大河ドラマのほかに出演しているドラマ『青のSP―学校内警察・島田隆平』(フジテレビ系)では副校長を演じる。3月5日から上演される舞台『ほんとうのハウンド警部』(Bunkamuraシアターコクーン)は、劇中劇で絶世の美女を演じるという。

 

――まったく設定の異なる役は、どう演じ分ける?

 

「自分だけで演じ分けようとすると、すごく難しいですけど、相手がいたり、衣装があったり、セットがあったりしますよね。

 特に大河ドラマは衣装とセットで、その世界にぐーっと連れていってもらえるんです。私の場合は、環境や自分の髪型などでその役になっていくのが多いかもしれないですね。

 

 大蔵卿局のときも、年をとっていくごとに、どんどん白髪を足してもらったり、シミを作ってもらったり、眉毛を潰したり。それで鏡を見ると『ああっ!』と自分でも驚くくらい、年を取っているんです。それで役に入っていける感じですね。

 

『青のSP』では副校長を演じているので、茅島成美さんをイメージしています。そうです、『3年B組金八先生』に出演していらした茅島さんです(理科教師・国井美代子役で出演。その後、主幹教諭、教頭に出世)。そんなふうに外側から入っていくことが多いですね」

 

――今後、やってみたい役や挑戦してみたい役は?

 

「歴史上の人物を演じてみたいですね。与謝野晶子さんとか平塚らいてうさんとか伊藤野枝さんとか。いまより社会で目立った活動がしづらかった時代の女性は、抑圧されていたぶん、パワフルでエネルギーがあって、それがとってもおもしろい。

 

 恋愛も自由でかなり奔放だったんですよね。そのあたりが生きる源だったのかもしれないなって思ったりします。

 

 私は闘争心があまりないタイプなので、生きるパワーがみなぎっているような強い女性に憧れます。いまよりもあからさまに男性が中心だった時代に活躍した女性たちを演じてみたいですね」

 

みねむらりえ
1964年3月24日生まれ 東京都出身 劇団「ナイロン100℃」の旗揚げから主要キャストとして活躍。ドラマ『真田丸』『エール』(ともにNHK)、『あなたの番です』(日テレ系)など出演多数。現在は『青のSP―学校内警察・島田隆平』(フジテレビ系)、大河ドラマ『青天を衝け』に出演。生田斗真と共演する舞台『ほんとうのハウンド警部』が3月5日〜3月31日までBunkamuraシアターコクーンで上演

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年春号
3月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

1月28日発売
表紙:堀未央奈(乃木坂46 )

詳細・購入