最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1622号
11月12日号
10月19日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

10月19日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

名曲散歩/ペドロ&カプリシャス『五番街のマリーへ』船上で作られた無国籍ソング」

エンタメ・アイドル 投稿日:2021.05.23 16:00FLASH編集部

名曲散歩/ペドロ&カプリシャス『五番街のマリーへ』船上で作られた無国籍ソング」

 

 東京・神田の古いビルの2階。そこには夜な夜な紳士淑女が集まり、うんちくを披露しあう歌謡曲バーがあるという。今宵も有線から、あの名曲が流れてきた。

 

お客さん:お、このイントロはペドロ&カプリシャスの『五番街のマリーへ』。前作の『ジョニィへの伝言』と並ぶ “無国籍ソング” の決定版だ。

 

 

マスター:1973年リリース、ペドロ&カプリシャスの5枚目のシングルで、作詞・作曲は『ジョニィへの伝言』と同じ、阿久悠&都倉俊一コンビだ。

 

お客さん:『ジョニィへの伝言』のアンサーソングが、『五番街のマリーへ』と言われることもあるけれど、どうなんだろう?

 

マスター:そこは阿久悠が「2つを組み合わせて考えたことはない」と明確に否定している。そもそも『ジョニィへの伝言』に登場する女は無名で、マリーとは名乗っていない。

 

お客さん:確かに。でもファンは、阿久悠ならではの仕掛けを感じてしまうよね。

 

マスター:ところで、実はこの曲、ちょっと変わったシチュエーションで作られたものなんだ。

 

お客さん:変わったシチュエーション?

 

マスター:そう、それは阿久悠が企画した700名の女性客だけを乗せた洋上大学「日本一周・ろまんの船」のなかで作られたんだ。

 

お客さん:夢のようなイベント!

 

マスター:横浜港から西回りする1週間の船旅で、講師として阿久悠、都倉俊一、三木たかし、中村泰士、井上大輔、森田公一らが乗船し、作詞教室や作曲教室をするというイベントだった。

 

お客さん:豪華極まりないラインナップ!

 

マスター:阿久悠は乗船前から、「ペドロ&カプリシャスの次作を船上で作ろう」と都倉俊一と相談していた。

 

お客さん:船の上で無国籍ソングを作るなんて、最高のシチュエーションじゃない!

 

マスター:そう、船上の非日常感と昂揚感が創作意欲をかき立て、あっという間に完成。そして、できたばかりの『五番街のマリーへ』を都倉俊一がサロンのグランドピアノで披露すると、集まってきた女性たちが口ずさみ、何度目かには大合唱になったという。

 

お客さん:生まれたての歌を大合唱、女性たちにも一生の思い出になっただろうな。

 

 おっ、次の曲は……。

 

文/安野智彦
『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)などを担当する放送作家。神田で「80年代酒場 部室」を開業中

 

参考:阿久悠『夢を食った男たち』(毎日新聞社)/阿久悠『歌謡曲の時代 歌もよう人もよう』(新潮社)

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2021年TOP水着総登場号
9月10日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月26日発売
表紙:乃木坂46 4期生

詳細・購入