最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1651号
7月5日号
6月21日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月24日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

伊藤健太郎、本誌が目撃していた “涙” の復帰作『冬薔薇』撮影現場…業界からは高評価のリスタート

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.05.18 16:03FLASH編集部

伊藤健太郎、本誌が目撃していた “涙” の復帰作『冬薔薇』撮影現場…業界からは高評価のリスタート

『冬薔薇』シーン撮影後に、控室にしていた建物に戻る伊藤。2021年11月6日、自身のインスタグラムでパーマヘアについて「心機一転」と投稿していた

 

「今日ここに立てていること、景色を見られていること、非常にうれしく思っております。……味わったことのない感覚というか、この景色が早く見たかったなぁと思いながら、ずっと過ごしていたので」

 

 俳優の伊藤健太郎がそう涙したのは、5月17日のこと。主演映画『冬薔薇(ふゆそうび)』(6月3日公開)の完成披露イベントで、伊藤は満席の会場を前に、そう思いを打ち明けた。

 

 

 2020年10月にバイクとの接触事故を起こし、1年近く芸能活動を休止していた伊藤。同作は2年ぶりの主演映画で、吉永小百合が主演した映画『北のカナリアたち』などを手がけた阪本順治氏が監督を務めた。伊藤にとって、“本格復帰” 作品というわけだ。

 

 2021年11月、本誌は同作の撮影現場を目撃している。神奈川県南東部に位置する港、貨物船が係留された船着き場で、大がかりな撮影がおこなわれていた。当時、ある芸能関係者は、同作についてこう教えてくれた。

 

「共演として、小林薫さん、余貴美子さん、永山絢斗さん、石橋蓮司さんなどの実力派の役者が脇を固めています。伊藤さんの事故のイメージのためか、キャスティングは難航したと聞きました。また『情報解禁前に伊藤さんが主演であることが漏れてはならない』と、現場での撮影は超厳戒態勢だったようです」

 

 自動車事故について、伊藤の不起訴処分が決まったのは2021年3月。そして10月28日から4日間上演された主演舞台で再始動が始まった。2022年の芸能活動について、“光が差している” と話してくれたのはスポーツ紙記者だ。

 

「伊藤さんにとって強力な “応援団” の存在があるんです。事故直後に公開を控えていた主演映画『十二単衣を着た悪魔』も、『冬薔薇』と同じくキノフィルムズによるもの。

 

 もっとも “被害” を受けたにもかかわらず、再度、伊藤さんの主演映画を手がけるのは、彼を非常に評価している人物が同社役員にいるからでしょう。

 

 伊藤さんが持つ『朴訥』『自然体』『硬派』といった役者イメージは、いまの若手俳優陣とは一線を画していて、業界の重鎮たちから評価が高いのです」(スポーツ紙記者)

 

 表舞台に戻ってきた伊藤、“好リスタート” を切ったようだ。

 

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年新年号
12月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入