最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1652号
7月12日号
6月28日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月28日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

高橋一生『インビジブル』無能すぎる警察にげんなり…実は、黒幕を暗示する伏線の可能性も

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.05.20 11:00FLASH編集部

高橋一生『インビジブル』無能すぎる警察にげんなり…実は、黒幕を暗示する伏線の可能性も

 

 シリアス風のコメディドラマ
 ……そんなふうに揶揄されてしまっている高橋一生柴咲コウがメインキャストを務める『インビジブル』(TBS系)。

 

 先週金曜の第5話までを観るかぎり、確かに酷評の嵐になっている理由はわかる。しかし、もしかするとそれは我々視聴者がミスリードされているのかもしれない。

 

 

 主人公は事件解決に異様なまでの執念を燃やし、手段を選ばない異端の刑事・志村貴文(高橋)。そして主人公のバディとなるのが、本名・国籍・年齢のすべてが不明という犯罪者 “インビジブル” ことキリコ(柴咲)。

 

 この2人が、世に知られていない凶悪犯が起こす事件を解決していくというサスペンスドラマだ。

 

 世帯平均視聴率(※ビデオリサーチ調べ/関東地区)は、第1話から第4話まで9.4%、7.0%、7.2%、6.4%と推移し、先週放送の第5話でとうとう5.9%まで下がってしまっている。

 

 今のご時世、視聴率だけがすべてではないとは言え、さすがに5%台は誉められた数字ではなく、第2話以降で脱落者が続出しているのは明らか。“シリアス風のコメディドラマ” などと酷評されるのも致し方ない気がする。

 

■犯罪者たちを何度も簡単に取り逃がす警察

 

 サスペンスドラマにもかかわらず、“シリアス風のコメディドラマ” と言われてしまう理由として、警察が無能すぎる点が第一にあげられるだろう。

 

 たとえば、キリコは「犯罪コーディネーター」とされるが、あくまで犯罪者なので、担当警官が監視している。しかし、外出先であっさり単独行動を許してしまったり、凶悪犯の張り込みをしていたはずの刑事が無線を外してトイレに行ってしまい、まんまと逃げられたり……。

 

 先週の第5話でも、キリコを監視下において住まわせていた特別施設から、彼女はやすやすと脱走。それもそのはず、キリコを見張っていたのは前述のポカをした担当警官1人だけで、その男はキリコの仲間に麻酔薬スプレーをかけられて使いものにならなかったからだ。

 

 また同じく第5話では、重大事件の容疑者を検察へ護送中、道路工事を偽装していた “逃がし屋” 一味に護送車を襲撃され、簡単に容疑者を連れ去られてしまう体たらくぶりを披露していた。

 

 列挙していくと、犯罪者たちが優秀なのではなくて、単に警察が無能すぎるゆえに事件が激化しているように見える。滑稽すぎてバラエティ番組のコントかと思うほど。

 

 げんなりした多くの視聴者が “無能すぎる警察=ヘタすぎる脚本” と解釈しているのだが、それこそがミスリードという可能性もあるのではないだろうか。

 

■警察の重役が黒幕ですべてが計画どおり?

 

 実は第5話終盤で、キリコは “インビジブル” ではなく、本物は彼女の弟(永山絢斗)だったという展開になっている。要するに、現時点ではその弟が黒幕かのような描かれ方をしているのだ。

 

 だが、高橋&柴咲という実力派キャストの作品のラスボスが永山では、役者の格として少々 “弱い” 気がするし、そもそもこういったサスペンスドラマの真の黒幕が物語中盤で明かされることはほぼない。

 

 とすると、真の黒幕は他にいると考えるのが妥当。そして、もし警察内部の重役が黒幕だったとしたら?

 

 裏で部下にあえて犯罪者たちを取り逃がすように指示したり、低能な警官・刑事をあえて重要な役どころに配置してポカを誘発したりしていた――と考えるとどうだろうか?

 

 つまり、警察が間抜けなのは凶悪犯罪者たちを跋扈させるための計画どおりで、“無能すぎる警察=綿密な脚本” なのかもしれないという予想である。

 

 警察内部に黒幕がいると仮定すると、真っ先に候補にあがるのが原田泰造演じる警視庁 捜査一課課長・犬飼彰吾だろう。

 

 現場の警官・刑事の指揮を執る立場である犬飼であれば、“無能すぎる警察” を意図的に演出することもできるし、厳しくも優しい一面を持つ善人キャラゆえに怪しいのだ。となると、黒幕を暗示する伏線の可能性も見えてくる……。

 

 と、ツッコミどころの多さを好意的に解釈するとそういった予想ができるわけだが、逆に言うと真の黒幕が警察内部の者でなければ、やはりあまりに雑すぎるお粗末ドラマということになってしまう。

 

 今夜放送の第6話ではキリコの弟がフィーチャーされるようだが、はたしてどういう展開になっていくのか、注目したい。

 

堺屋大地
恋愛をロジカルに分析する恋愛コラムニスト・恋愛カウンセラー。これまで『女子SPA!』『スゴ得』『IN LIFE』などで恋愛コラムを連載。現在は『文春オンライン』『週刊女性PRIME』『日刊SPA!』などに寄稿中

 

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2022年初夏「水着総登場」号
6月29日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

4月26日発売
表紙:久保史緒里(乃木坂46)

詳細・購入