最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1676号
2月14日号
1月31日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

1月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

オードリー春日、年間テレビ出演数1位「『待て』と言われれば警察犬より待ちます(笑)」

エンタメ・アイドル 投稿日:2022.12.05 11:00FLASH編集部

オードリー春日、年間テレビ出演数1位「『待て』と言われれば警察犬より待ちます(笑)」

 

 11月30日、2022年の『年間テレビ番組出演本数ランキング』(同日15時までの暫定速報)が発表され、オードリー春日俊彰さんが595本で1位に輝きました。

 

 2位のバナナマン・設楽統さん(590本)は『ノンストップ!』(フジテレビ系)、3位の麒麟川島明さん(546本)は『ラヴィット!』(TBS系)と、どちらも月から金曜日まで放送される帯番組のMCを務めているため、圧倒的に有利なはず。

 

 

 しかし、帯番組をやっていないのに、その2人を抑えての1位というところが、春日さんのすごさを物語っています。『M-1グランプリ2008』の準優勝以来、テレビで長く活躍していますが、いまも1日に3~4本出演しているといいます。

 

 さらに春日さんのすごいところは、ボディビルやエアロビクスの大会に出場したり、東大合格を目指したりと、チャレンジ系の仕事が多い点です。こういった挑戦ものの仕事は、番組収録以外の時間も練習や勉強などで稼働しないといけないため、スケジュールがよりハードになっていきます。

 

 以前筆者は、春日さんがエアロビクスの大会と東大合格を目指すチャレンジ企画を同時におこなっているとき、お話を聞いています。

 

「東大企画のほうは、朝、先生がついての授業が週1とか週2なんですよ。だいたい朝8時から3時間くらいやっています。エアロビのほうは夜ですね。仕事終わりで、21時とか22時くらいから2時間ぐらい週4回やっています。朝、勉強して、夜、エアロビして、筋トレをやりにジムにも行って、その間に仕事している感じです」

 

 この上、さらに漫才など、ほかの仕事も加わります。

 

「こっちがいろいろやっているときに向こう(若林正恭)は待ってて、収録が終わってからも稽古みたいのがあるので、ネタ合わせとかの時間を作るのが大変ですね」

 

 こうしたハードスケジュールを、なぜ春日さんは対応し続けられるのでしょうか。

 

「何かに耐えるとかは、けっこう出来ますかね。僕は風呂なしの部屋にずっと住んでみたり、耐えるじゃないですか。

 

 スタッフに『ここで待っといてください』と言われて、その後、全然呼びに来ないというドッキリ企画でも、呼びに来るまで6時間くらい待つとか。警察犬より長い時間待つという(笑)。

 

 もちろん、途中から『呼びに来ねぇな』と思っているんですけど、『そっちが来ねぇなら、こっちも待ってやろうか』みたいな感じで待ち続ける。チョット無理目なことを言われたほうが、『じゃあ、やってやる』みたいになるかもしれませんね」

 

 春日さんは、厳しいスケジュールや状況を課せられれば課せられるほど闘志を燃やすタイプなので、6時間も待つことができたんですね。

 

インタビューマン山下
1968年、香川県生まれ。1992年、世界のナベアツ(現・桂三度)とジャリズム結成、2011年に解散。同年、オモロー山下に改名し、ピン活動するも2017年に芸人を引退しライターに転身。しかし2021年に芸人に復帰し現在は芸人とライターの二足のわらじで活動している。

( SmartFLASH )

続きを見る

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2023年新年「トップアイドル総登場」号
12月22日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

10月27日発売
表紙:筒井あやめ(乃木坂46)

詳細・購入