最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1554号
3月31日・4月7日合併号
3月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

三浦大知「歌って踊ってファンに恩返し」決意した瞬間エンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.20 20:00

三浦大知「歌って踊ってファンに恩返し」決意した瞬間

 

 3月4日放送の『笑福亭鶴瓶 日曜日のそれ』(ニッポン放送)に、アーティスト三浦大知がゲストで出演。これまで経験したライブのなかで、最も印象に残っている瞬間について語っていた。

 

「(ソロで)デビューをする前に、変声期で5年間ぐらい休んでいたんですよね。ようやく歌をちょっと練習して、ボイトレにも通うようになって。じゃあ、デビュー前に一応ライブをやっておこう、と」

 

 所属事務所が主催するイベントに出演することになった三浦。現在はソロで活動しているが、幼いころには「Folder」というグループで活動していた。変声期でグループを脱退し、休養後にソロとして初めてステージに立つことになった。

 

「2曲だけやってみよう、と。すごい小さいライブハウスで、50人とかぐらいだったと思うんですけども。2曲だけど、すごい緊張するじゃないですか。自分は5年休んでいるんで、またゼロから、ここから頑張らなきゃと思っていて。ステージにパッと上ったら、『おかえり!』って言ってくれる方がいたんですよ」

 

 この瞬間が最も印象に残っている理由をこう語っていた。

 

「『この人は5年間、待ってくれていたんだ』って思って。変声期でやめて5年間、自分の歌を待ってくれているって、すごいことだと思うんですよ。

 

 どれだけ好きなアーティストでも、5年なんの音沙汰もなくて、CDも出ない。ライブもしない。いま、何をしているのかわからないってなったら、待っていたと言えるのはなかなかないと思って。

 

 その『おかえり!』っていう言葉を聞いたとき、『自分は歌って踊らなきゃいけないんだな』って、そうやって恩返しをしていくのが自分のやるべきことなんだと思ったのは覚えていますね」

 

 いまでは大活躍の三浦だが、その活動の原点は、ひとりのファンの声だったのだ。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入