最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1556号
4月21日号
4月7日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

『ゴジラ』第1作に主演した宝田明「ギャラはほとんど剥奪(泣)」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.03.22 16:00

『ゴジラ』第1作に主演した宝田明「ギャラはほとんど剥奪(泣)」

つのだよしお/アフロ

 

 俳優宝田明が、3月10日放送の『おぎやはぎの愛車遍歴』(BS日テレ)に出演。主演した映画ゴジラ』(1954年・シリーズ第1作)の舞台裏について語っていた。

 

 宝田が『ゴジラ』に起用されたのは、デビューの翌年、19歳のとき。番組で大抜擢の理由を聞かれ「東宝が魔が差した」と冗談を飛ばすも、「『背が高いし、1本目2本目は軽い役だったけど、あいつは小さなハードルをクリアした』と。(ゴジラは)新人でいこうということになったんでしょうかね」と振り返る。

 

 会社から「主役をさせてやる」と言われ、意気揚々と向かった宝田。だが、そこに置かれていたのは、真っ赤な背景に黒字で「ゴジラ」とだけ書かれた台本だった。

 

「これで『お前は主役だ』っていうから、『失礼ですけど “ゴジラ” ってなんですか?』って言って。『それはお前、ゴリラとクジラを足して2で割った言葉なんだ』と」

 

 宝田は困惑しつつも、主役が決まったことで浮かれたという。

 

「とにかくまあ、主役といえばポスターに名前はでかでかと出るし、ギャラも(たくさん)くれるだろうと。『主役をやらせてやる』って聞いて頭にひらめいたのが、これまで飲んでた焼き鳥屋とか居酒屋の借金がこれで払えるぞと」

 

 迎えた撮影初日。事情をよく知らない宝田が「新人の宝田明です。主役をさせていただきます」と挨拶した途端、「バカヤロー! お前が主役じゃない、ゴジラが主役だ!」と、照明の親方に怒鳴られてしまったという。

 

 宝田の悲劇はまだ続く。当時は免許を取りたてで車を持っていなかった。

 

「田中友幸っていう大プロデューサーが、『そろそろ車が必要になってくるから、俺が持ってる外車買わないか』と。『お金ないですよ』って言ったら『出演料から払え』って。ハイエナみたい(な話)」

 

 宝田によると『ゴジラ』の出演料は35万円。当時の大卒の国家公務員の初任給が、約8700円であるから、破格の金額だったが……。

 

「8割ぐらいその車代。本当にもうギャラを略奪された」

 

 番組で問題の車・ダッジ「コロネット」の写真が紹介されると、「田中友幸の顔がオーバーラップする」と恨みを語った宝田。名作の陰に隠れた知られざる逸話である。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入