最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1554号
3月31日・4月7日合併号
3月17日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第32弾】3月27日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

千原ジュニア「落語を始めたきっかけは東日本大震災」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.06.16 20:00

千原ジュニア「落語を始めたきっかけは東日本大震災」

 

 お笑い芸人の千原ジュニアが6月10日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、落語を始めたきっかけを明かした。

 

 ジュニアは若手芸人を連れて東日本大震災の被災地を訪問したことを回顧。

 

「『普段、こいつ全然おもろない』と思ってたヤツがものまねをやって、避難所がドカンとウケている。歌手の人は歌ってたり。でも、オレは何もできなかった。ただただ、テレビに出ている人なだけで何もない」

 

 話芸を得意としてるジュニアだが、被災地という場にふさわしいエピソードトークを選べなかったという。あまりに悔しくて、「それで落語をやるようになった」と話す。

 

 2014年3月、ジュニアは40歳記念ライブを両国国技館でおこない、春風亭小朝プロデュースで落語『人面瘡(じんめんそう)』を披露した。

 

 さらに、今年4月1日には、大阪で「千原ジュニア落語会」を開催。「落語は歴史のある文化なので、失礼のないように、やるからには腹くくってやらしてもらいたい」と満を持して挑戦。『壺算』『死神』と創作落語の『インコのPちゃんの怖いもの』などを名調子で聞かせた。

 

 落語という新たな武器を手に、ジュニアがさらに芸人として進化することを期待したい。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年早春号
3月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入