最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

東大→財務省→弁護士の「山口真由」デートは効率主義でエンタメ・アイドル 投稿日:2018.07.20 16:00

東大→財務省→弁護士の「山口真由」デートは効率主義で

 

 財務省OBでコメンテーター山口真由が、7月10日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS)に出演した。

 

 山口は東大を首席で卒業し、財務省に入省。その後は弁護士に転身したという逸材だ。番組ではそんな山口の恋愛観が披露された。

 

 コメンテーターや講演の仕事をしながら、東大大学院に学生として通う山口。久しぶりのデートで、当日、彼氏に「仕事が早く終わりそうだから30分早く会おう」と言われても、絶対に断るという。

 

 

「私は(予定を)90分サイクルで組みたい。例えば、90分で1本勉強して、90分で1個論文を読んで……きっちり組んでいきたい。30分はちょっと対応できなくなっちゃう。ずらすと(自分の予定の)間がずれちゃうから効率が悪くなる」

 

 さらに、デートを決めるための習慣があるという。

 

「『予定が合わない』とかなるとすごいイライラしちゃう。前に付き合っていた人は、1カ月の予定を教えてくれた。月の表で予定を色分けしてもらうと、私も彼が空いてる日に予定を合わせられるから、効率がいい」

 

 あまりに効率を重視する山口の恋愛スタンスに、共演者の森三中・大島美幸が「予定なんか忘れちゃっていいんです。『そんなのどうでもいいから!』と、彼の元に走り出すんですよ!」と熱くアドバイスするも、「好きな気持ちはちゃんとある。どんなに好きでも、いつも『理性的に自分を抑えちゃおう』と思う自分がいる」と応じた。

 

 番組では「(彼氏の)『今日会いたい』『今すぐ会いたい』とかは対応しかねる」と明かしていた山口。これから先、彼女がどんな男性と恋に落ちるのか、気になるところである。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入