最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1566号
7月14日号
6月30日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

6月26日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

アンガールズ「ブレークに踊らなかった理由は先輩のつまずき」エンタメ・アイドル 投稿日:2018.08.31 20:00

アンガールズ「ブレークに踊らなかった理由は先輩のつまずき」

 

 お笑いコンビのアンガールズが、8月22日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演した。

 

 番組で司会のケンドーコバヤシは、アンガールズがコント番組で売れ出した時期について「正直、テレビ局とか事務所に持ち上げられた時期もあったのでは? キモカワイイとか」と指摘する。

 

 

 これに田中卓志は「俺らは前に、ボキャブラブームを見ていたんですよ」と応じ、相方の山根良顕も「その人らが、めちゃめちゃつまずいたって話を聞いてたんです。いい車買ってそれを維持できなくなったって。だから、(芸人は)そんなにうまくいくものじゃないんだろうなって思ってた」と発言した。
 

 ブームが去る芸人を目の当たりにしていたため、「お金を使わないようにしていた」と言う田中は、「芸人になったのに貯蓄、貯蓄」と振り返る。山根も、取材で写真を撮られるようになっても「こんなわけない」と、どこか冷めた感覚でいたという。

 

 その感覚が的中し、ショートコントの「ジャンガジャンガ」ブームが終了すると「テレビの仕事が月に5~6本しかない」時期が到来。田中は「やばい、俺は落ちていく。本当に地獄。(カワイイがとれて)ただ気持ち悪いだけ(になった)」と振り返っていた。

 

 アンガールズが教訓にしたボキャブラブームとは一体どんなものだったのか。

 

 お笑いコンビ・U-turnとしてボキャブラメンバーだった土田晃之は、2011年10月21日放送の『バナナマンのバナナムーンGOLD』(TBSラジオ)にて、バナナマンの2人とボキャブラ時代を振り返っている。

 

「調子に乗ってた人は一目瞭然だったね。ガネさん(X-GUN・さがね正裕)はなんでも買ってくれた。みんな歩合制で何百万とかもらってて、外車に乗ってたり。Take2は営業に1人はベンツ、1人はセルシオで来てた」

 

 事務所の後輩として可愛がられていた設楽統も「(さがねが)古着屋ですごいの買ってくれたし。アメックスのカードとかみんな持ち出したり」と証言。

 

 ちなみに土田は、当時の雑誌のインタビューに「これはブームですぐ終わるから、いずれテレビで(通用するトーク力を)力をつけなきゃいけない」と答えていたという。

 

 たとえ売れている最中でも、どこかで冷静さを保つことこそが、芸人として生き残るために必要な術なのかもしれない。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年初夏号
6月26日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

2月14日発売
表紙:伊藤純奈、北野日奈子、佐々木琴子、新内眞衣、鈴木絢音、寺田蘭世、堀未央奈、山崎怜奈、渡辺みり愛

詳細・購入