最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

「新日本プロレス」実況アナが語る「中邑真輔」のレスラー魂エンタメ・アイドル 投稿日:2018.09.22 20:00

「新日本プロレス」実況アナが語る「中邑真輔」のレスラー魂

 

 2000年代の低迷期を乗り越えて、2018年7月期の売上高が団体創設以来、最高の売り上げとなることが発表された新日本プロレス

 

 いい時代も悪い時代も、その新日本プロレスの試合を放映してきたのが、『ワールドプロレスリング』(テレビ朝日)。同番組で、現在、メイン実況を務めるのが野上慎平アナ(34)だ。

 

 

「僕がワールドプロレスリングの実況に就任したのは、テレ朝入社1年めの2007年。まだギリギリ、辻よしなりさんがいらしたころですね。学生時代から棚橋選手や永田選手の存在こそ知ってましたが、就任当時は、プロレスが好きでもなければ、詳しくもありませんでした」

 

 そんな彼が、一躍ファンにその存在を認識されるようになったのは、飯塚高史選手が野上アナのいる実況席に襲撃にくるという抗争(?)が勃発してからだ。

 

「みなさんは笑ってネタにしますけど、襲われるほうはめちゃくちゃ怖いし、どう反応すれば正解かもわからない。当時は本当に嫌でした(苦笑)。

 

 あの抗争がキッカケで声をかけてくださるファンが増えたのは事実ですが、ここ1、2年で新日本のファンになられた方は、僕が飯塚選手に襲撃されていた過去を知らない方も多いみたいですね」

 

 ある時期まで毎度のように襲われていた野上アナを見かねて、救出に入ったのが永田裕志だった。その後、2人には交流が生まれた。

 

 野上アナの別名として知られる「野上 “ジャスティス” 慎平」は、「青義軍」を率いる永田のニックネーム「ブルージャスティス」から名付けられたものだ。

 

「永田選手に救出されたとき、当時、永田選手の弟子だったキング・ファレ(現バッドラック・ファレ)選手が、僕に『青義軍』のTシャツを着せてくれて、僕も青義軍の一員になったんです。

 

 その後、永田選手との特訓シーンをワールドプロレスリングで放送されたこともありました。青義軍のほかのメンバーは、ファレを筆頭に脱退や引退をしてしまい、スーパー・ストロング・マシンさんまで引退してしまった……。

 

 だけど『青義軍』は、いまも僕と永田さんだけで続いているんです」

 

 なんともしびれるセリフではないか。

12

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入