最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1537号
11月26日号
11月12日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

11月15日増刊号
10月15日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

【第27弾】10月31日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

初舞台で「ちょろ!」と思った「ニューヨーク」今はチョロチョロエンタメ・アイドル 投稿日:2019.04.04 11:00

初舞台で「ちょろ!」と思った「ニューヨーク」今はチョロチョロ

 

 ボケの嶋佐和也(32)とツッコミ屋敷裕政(33)のコンビ「ニューヨーク」は、今年で結成10年目をむかえる。

 

 結成5年目にしてコントの日本一を決める大会『キングオブコント』(TBS系)で準決勝に進出し、『THE MANZAI』(フジテレビ系)では認定漫才師(準決勝相当)になった実力者。

 

 

 そのネタのクオリティの高さから、ネクストブレーク芸人として常に名前があがるようになった。そんな彼らに元芸人のインタビューマン山下が10年間の芸人人生を振り返ってもらった。

 

――初舞台はいつですか?

 

屋敷 初舞台は僕らがNSC(よしもとの養成所)を3月に卒業してすぐの、ゴールデンウイークのルミネtheよしもとの舞台でした。同期のみんなは、だいたい100席ぐらいの小さな劇場なんですけど、僕らは450席が満席で立ち見もパンパンの状態でした。

 

 そのとき初舞台だったのに、劇場の外に出たら、僕らの出待ちのファンが100人ぐらいいました。

 

嶋佐 1回漫才しただけなのに「ちょろ!」と思いました(笑)。

 

屋敷 「芸人ってすぐに人気者になれるやん」と思いましたね。それがピークですよ。

 

――いや、ピーク早すぎるでしょ(笑)。初めてのテレビ出演は?

 

屋敷 デビュー2年目でテレビ出演させてもらったんですけど、その番組が放送されたら、街中で指さされると思ったんですよ(笑)。だから放送後の漫画喫茶のバイトもコソコソしないと行けなくて、働きづらくなると思っていましたが、全然でした。ツイッターのフォロワーも5人ぐらい増えて3人ぐらい減るみたいな。こんなことで世界は変わらんなということがわかりましたね。

 

嶋佐 僕は中学、高校でテレビを見ていたときは、テレビに出たらお金持ちになれると思っていたので、1回出たら10万、20万円もらえると思っていたんですよ。給料明細を見たら1万円って書いてあったので、「テレビって、これだけしかもらえないの?テレビって1万円なの?」と思いましたね(笑)。

 

――そこで芸能界の難しさを知ったんですね。しかしそれから4年目で『バチバチエレキテる』(フジテレビ)という有望な若手芸人が集まったレギュラー番組が始まりました。

 

嶋佐 レギュラーメンバーも、この番組があるから売れたって思う人は誰もいなかったですね。意外とみんな冷静でした。「この先どうなって行くんだろう」と思っていたら、半年で終わって「早!」とは思いましたね。

 

屋敷 その番組は青春みたいな感じで楽しかったですけど、半年間の短い青春でした(笑)。

 

――そこからあっと言う間に今年で結成10年ですもんね。

 

屋敷 そうなんですよ。だから今、漫才のつかみネタで「僕らのことを知ってる人は拍手してください」って言うたら、拍手がチョロチョロチョロな感じで。

 

「じゃあ知らない人?」でバァーっと拍手があって、「ちょうど半々ぐらいですね」「どこがやねん!」というネタを10年目でやってるんですけど……。10年目で、こんなネタやりたくないです。なんか悲しくなってくるんですよ(笑)。だから一回売れときたいです。

 

※ニューヨーク単独ライブ「ありがとう」は4月19日、20日、21日にCBGKシブゲキ!!で開催。21日(日)13:00からの追加公演チケット発売中

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2019年盛夏号
8月23日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

9月27日発売
表紙:川崎 あや/桃月 なしこ

詳細・購入