最新号紹介

毎週火曜日発売

通巻1579号
11月3日号
10月20日発売

詳細・購入

最新号紹介

FLASH DIAMOND

8月20日増刊号
7月20日発売

詳細・購入

FLASHデジタル写真集

FLASHデジタル写真集

9月29日より好評発売中!

詳細・購入

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

エンタメ・アイドルエンタメ・アイドル

森昌子、美空ひばりから歌のレッスンを受けて「夢のよう」

エンタメ・アイドル 投稿日:2019.05.07 16:00FLASH編集部

森昌子、美空ひばりから歌のレッスンを受けて「夢のよう」

 

 歌手の森昌子が、5月6日放送の『情報ライブミヤネ屋』(日本テレビ系)に出演した。

 

 番組では、司会の宮根誠司が「美空ひばりさんと同じベッドで寝たことがある」という伝説を紹介すると、森はこう説明する。

 

「すごく(夜)遅くにお邪魔したときに、昔のVTRを見せて舞台での所作を教えてくださった。そうすると夜中の3時4時になっちゃう。まだ高校生でしたので『泊まっていきなさい。お姉ちゃまと一緒に寝よう』となった」

 

 わざわざお揃いのパジャマまで用意してくれたというが、一緒に寝る相手は天下の歌姫・美空ひばりだ。当然、緊張して寝られずにいると、「あら、マチャコ眠れないの?」と気遣ってくれたそう。

 

 すると「ここで2人で歌合戦でもしようか」と美空が誘い、自ら『悲しき口笛』を口ずさんで、「はい! その続きを歌って!」と突然レッスンが始まったという。森は「結局、朝まで眠れなかった」と振り返る。

 

 ここで宮根から、美空についての印象を聞かれると、「歌のことを教えてくれるときは『ちゃんと聞いてるの?』という(厳しい)感じだったですけど。あとは『ねえ、大丈夫? お腹空いてない? 何か作ってきてあげようか?』って、お姉さんのようだった」と明かしていた。

 

 森は2017年11月29日付けの朝日新聞のインタビューで、デビュー直後の13歳で美空と初対面したときのことについて語っている。

 

「緊張する私に『大丈夫。今日からは<お姉(ねえ)ちゃま>と呼びなさい』と優しい言葉もかけてくださいました。ひばりさんも12歳のとき歌手デビューされたので小さかった私を気に掛けてくださったのでしょうか。私は『マチャコ』と呼ばれるようになったのです」

 

 美空の「マチャコは私の歌をきっと歌う日が来るから」との考えで、歌のレッスンが始まったという。いざ自宅へ向かうとお揃いのスリッパまで用意されていた。森が「夢のような時間」と振り返るレッスンは、多いときで1日4~5時間に及ぶこともあった。

 

 ちなみに森は、2016年6月30日放送の『甦る歌謡曲!』(テレビ朝日系)で美空のモノマネを披露。美空の代表曲である『悲しき口笛』や『東京キッド』を熱唱したが、あまりの完成度の高さに共演者たちから拍手喝采を浴びていた。

 

『情報ライブミヤネ屋』では、美空について「師匠であり、お姉さん。とても優しいかたでした」と語っていた。美空の代表曲を歌い続けることで、恩返しをしているのかもしれない。

エンタメ・アイドル一覧をもっと見る

エンタメ・アイドル 一覧を見る

今、あなたにおすすめの記事

最新号紹介

グラビアBEST

2020年秋号
10月9日発売

詳細・購入

最新号紹介

PlatinumFLASH

8月27日発売
表紙:齊藤京子(日向坂46)

詳細・購入